[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「我々をコテンパンにした」 4連戦4被弾に敵将脱帽「彼はミスを見逃してくれない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。8回の第4打席に443フィート(約135メートル)の特大22号2ランを放った。これでシーズン50発ペースとなる驚異的な活躍。一方、今回の4連戦で4被弾となったレンジャーズ指揮官は「彼はこのシリーズで我々をコテンパンにした」「ミスを見逃してくれない」と嘆いた。

敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地レンジャーズ戦に「2番・投手」で投打同時出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で二刀流出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場。8回の第4打席に443フィート(約135メートル)の特大22号2ランを放った。これでシーズン50発ペースとなる驚異的な活躍。一方、今回の4連戦で4被弾となったレンジャーズ指揮官は「彼はこのシリーズで我々をコテンパンにした」「ミスを見逃してくれない」と嘆いた。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 打った瞬間にホームランと分かる一発だった。エンゼルスが3-2とリードして迎えた8回無死1塁の場面。大谷はこの回から登板のレンジャーズ左腕バークの初球の速球を振り抜く。打球はぐんぐん伸びて、前日の21号同様に左中間2階席に着弾。大谷も打った瞬間に確信歩き。敵地にもかかわらず、地鳴りのような歓声が起こった。

 投手・大谷からはチャンスを作りながらも2点しか奪えず、投手陣は連日、終盤に被弾。この4連戦で4被弾となったレンジャーズのブルース・ボウチー監督は試合後、米テキサス州地元局「バリー・スポーツ・サウスウェスト」の試合後の番組内で「私からは何も言えない。これ以上何と言えばいいのだ。彼はこのシリーズで我々をコテンパンにした。私に何を言ってほしいのか」と笑みを浮かべながら話した。

 さらに本塁打については「バークの2球目のカットボールだったと思う。1点差の試合を継続させたかったが、投げたいところに投げられなかった。彼(大谷)は今、ミスを見逃してくれないよ」と脱帽した様子だった。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集