[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、特大140m弾→決勝20号を米メディア絶賛「ワイルドな逆転勝利」「主役の座を奪う」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。7回の19号同点ソロに続き、延長12回には逆方向に20号勝ち越し2ランを放った。ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手を抜き、本塁打数ア・リーグ単独トップに。チームの9-6の勝利に貢献した。米メディアは「ワイルドな逆転勝利に導く」「主役の座を奪った」と大谷の大暴れを絶賛していた。

延長12回、逆方向に20号勝ち越し2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
延長12回、逆方向に20号勝ち越し2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地レンジャーズ戦で19&20号本塁打、リーグNo.1に

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。7回の19号同点ソロに続き、延長12回には逆方向に20号勝ち越し2ランを放った。ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手を抜き、本塁打数ア・リーグ単独トップに。チームの9-6の勝利に貢献した。米メディアは「ワイルドな逆転勝利に導く」「主役の座を奪った」と大谷の大暴れを絶賛していた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 首位レンジャーズを打ち砕いた。7回に飛距離459フィート(約139.9メートル)の19号同点ソロを放った大谷。タイブレークで無死二塁から始まる延長戦、12回先頭で打席が回ってきた。相手左腕レイガンズの高めカットボールを逆方向へ。打球はグングン伸びてレフトスタンドへ突き刺さる20号勝ち越し2ランとなった。敵地は再びどよめき。大谷はベンチで兜を被って祝福を受けた。

 米メディアも大谷の大暴れを称賛とともに伝えた。カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は、「ショウヘイ・オオタニが2本塁打を放ち、エンゼルスをワイルドな逆転勝利に導く」との見出しの記事を掲載。エンゼルス番記者のジェフ・フレッチャー氏の署名で「3回に4点差をつけられた後、エンゼルスはショウヘイ・オオタニの2本の本塁打の力を得て、9-6で延長12回の試合に勝利した」と伝えた。

 さらに「オオタニは7回に同点となる459フィートの本塁打をかっ飛ばし、12回にはエンゼルスにリードを与える2ランホームランを放った。オオタニはこれで20本塁打、ここ9試合で5本塁打だ」と好調ぶりも紹介していた。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」も「ショウヘイ・オオタニが2本塁打を放ち、ア・リーグの本塁打数でトップに立つ」との見出しで「この2本のショットは合わせて847フィート(約258.2メートル)飛んだ。うち1本はレフトへの459フィート(約139.9メートル)、打球速度114マイル(約183.5キロ)だった」と豪快な一発に注目していた。

 またMLB公式サイトも「ショウタイム! オオタニ(2本塁打、4打点)が12イニングでの勝利に突き動かす」とのタイトルで「ア・リーグ西地区のライバル対決において、ショウヘイ・オオタニが勝負強い2本塁打のパフォーマンスで主役の座を奪った」と千両役者っぷりを報じていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集