[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元4団体王者ロペスが2階級制覇 19戦無敗王者に判定3-0、グラつかせた鮮烈右フックに海外興奮

ボクシングのWBO世界スーパーライト級タイトルマッチが10日(日本時間11日)に米ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン・シアターで開催され、王者ジョシュ・テイラー(英国)に元ライト級4団体統一王者テオフィモ・ロペス(米国)が挑戦。ロペスが3-0(115-113×2、117-111)の判定勝ちで王座奪取に成功した。無敗のテイラーをグラつかせた鋭い右フックの瞬間を米興行大手・トップランク社が公開。海外ファンから「完璧な一撃」「相手は見えてすらいなかった」などど興奮の声が上がっていた。

WBO世界スーパーライト級タイトルマッチ、判定勝ちで王座奪取に成功したテオフィモ・ロペス【写真:Getty Images】
WBO世界スーパーライト級タイトルマッチ、判定勝ちで王座奪取に成功したテオフィモ・ロペス【写真:Getty Images】

WBO世界スーパーライト級タイトルマッチ

 ボクシングのWBO世界スーパーライト級タイトルマッチが10日(日本時間11日)に米ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン・シアターで開催され、王者ジョシュ・テイラー(英国)に元ライト級4団体統一王者テオフィモ・ロペス(米国)が挑戦。ロペスが3-0(115-113×2、117-111)の判定勝ちで王座奪取に成功した。無敗のテイラーをグラつかせた鋭い右フックの瞬間を米興行大手・トップランク社が公開。海外ファンから「完璧な一撃」「相手は見えてすらいなかった」などど興奮の声が上がっていた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ロペスが強烈な一撃でぐらつかせた。7回、テイラーをコーナーに追い詰めると目にもとまらぬ右フックを一閃。的確に相手の顔面を捉えた。テイラーは立ち続けたがふらつき、クリンチで何とか逃れたが、ダメージは明らかだった。終わってみれば3-0の判定勝ち。ロペスが2階級制覇に成功した。

 テイラーをふらつかせた素早いロペスの一撃を、トップランク社公式ツイッターがスローモーション映像で公開。その威力と正確さが明らかとなり、米ファンからは「これはエグい」「なんてパフォーマンスだ。アンチを黙らせた」「完璧な一撃」「ロペスのなんてファイトだ」「これがチャンピオンの倒し方だ」「アメージングなパフォーマンス」「美しい」「彼が逝ったと思った」「支配力」「彼は見えてすらいなかった」などと驚きの声が上がっていた。

 試合前まで19勝(13KO)無敗と強さを誇ったテイラーを葬ったロペス。2020年10月に元世界3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とのライト級4団体統一戦に判定勝ちしたが、21年11月にIBF同級1位だったジョージ・カンボソス・ジュニア(豪州)に1-2で判定負け。王座陥落していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集