[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

次世代ゴルファーが熾烈な争い 渋野&山下に学んだ18歳馬場咲希は-4「ショットで攻めた」

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディス第3日が10日、兵庫・六甲国際GC(6513ヤード、パー72)で行われた。43位で出た昨年全米女子アマチュア選手権女王の馬場咲希(東京・代々木高3年)は5バーディー、3ボギーの70で回り、通算4アンダー。ホールアウト時点で暫定36位とした。スポンサー契約を結ぶサントリーの大会で“ホステスアマ”として出場。攻めの姿勢を胸に18ホールを回った。

宮里藍サントリーレディス第3日に出場した馬場咲希【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディス第3日に出場した馬場咲希【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディス第3日が10日、兵庫・六甲国際GC(6513ヤード、パー72)で行われた。43位で出た昨年全米女子アマチュア選手権女王の馬場咲希(東京・代々木高3年)は5バーディー、3ボギーの70で回り、通算4アンダー。ホールアウト時点で暫定36位とした。スポンサー契約を結ぶサントリーの大会で“ホステスアマ”として出場。攻めの姿勢を胸に18ホールを回った。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 馬場は出だしの10番で約7メートルのバーディーパットを入れ、幸先のいいスタートを切った。11番も5メートル半を入れて連続バーディー。後半も1、2番の連続バーディーで勢いに乗った。しかし、6、9番でボギー。取材では手応えと反省が入り混じった。

「前半はいい感じでショットも自信を持ってやれました。いいリズムだったけど、最後の方はドライバーショットがよくない。攻めたくても攻められない位置に置いてしまった。最後の方にボギーを打ったのが悔しいです」

 今大会予選ラウンドでは渋野日向子、昨季年間女王・山下美夢有と同組だった。攻めの姿勢を見せる先輩2人に学び、「ショットで攻めていきました」とトライ。「途中まではできていましたね」と笑った。

 3週前のブリヂストンレディスでは予選落ち。筋力トレーニングで体のバランスを崩し、ショットの精度を欠いた。米国ではコーチなしで練習していたのも一因。帰国後に指導を受けながら、上半身と下半身の連動を意識して修正を図った。練習場では好感触だったが、「コースと練習場では違う。疲れのせいではないですね」と振り返った。

 今大会は父・哲也さんがキャディーを担当する。昨年は全米女子アマで日本勢37年ぶり2人目の優勝。ローアマ争いでは、寺岡沙弥香の6アンダー暫定20位がアマトップだ。世界アマランク2位を誇る18歳の馬場は「今日よりもバーディーを多く獲れるようにしたいです」と上位進出を視野。次世代ゴルファーたちが熾烈な争いを繰り広げる。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集