[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「おかえりアデル!」 昇格後初打席の137m特大弾に米記者衝撃「この一球に暴力を選んだ」

米大リーグ・エンゼルスの24歳ジョー・アデル外野手が8日(日本時間9日)の本拠地カブス戦で今季初出場し、2回の第1打席で飛距離137メートルの特大の左越え1号ソロを叩き込んだ。米記者からは「ここでもパワーを見せた」「この一球に暴力を選んだ」と衝撃的に伝えている。

2回の第1打席で飛距離137メートルの特大の左越え1号ソロを叩き込んだエンゼルスのジョー・アデル【写真:ロイター】
2回の第1打席で飛距離137メートルの特大の左越え1号ソロを叩き込んだエンゼルスのジョー・アデル【写真:ロイター】

カブス戦に「6番・右翼」で今季初先発したエ軍アデル

 米大リーグ・エンゼルスの24歳ジョー・アデル外野手が8日(日本時間9日)の本拠地カブス戦で今季初出場し、2回の第1打席で飛距離137メートルの特大の左越え1号ソロを叩き込んだ。米記者からは「ここでもパワーを見せた」「この一球に暴力を選んだ」と衝撃的に伝えている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 文句なしだった。今季メジャー初昇格、初出場となったアデルは最初の打席でカブス左腕ドルー・スマイリー投手の2球目を強振。打球速度117.2マイル(約188.6キロ)の打球はあっという間に左翼席に着弾した。飛距離451フィート(約137メートル)の特大アーチだった。

 ツイッター上の米記者も反応。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「ジョー・アデルが2球目を特大ホームランに。これも登場を示す一つの方法だ」とつづり、米カリフォルニア州地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のエンゼルス番サラ・バレンズエラ記者も「ジョー・アデルがメジャー復帰第1打席で2球目を破壊。ソロ弾を放った。3Aでパワーを見せ、ここでもパワーを見せた」と伝えた。

 MLB公式のブレント・マグワイア記者も「ジョー・アデルはこの一球に対して暴力を選んだ」と独特の表現で称した一発。米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」のエリカ・ウェストン氏も「ジョー・ジョー! おかえり!」と喜びをつづった。

 アデルは2017年ドラフト1巡目(全体10位)でエンゼルス入りし、昨季はメジャー88試合で打率.224、8本塁打、27打点。身体能力の高さで期待される24歳だが、守備に不安があり、打撃でも確実性を欠いていたことで、今季は開幕前にマイナー降格となっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集