[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

加藤未唯、失格した女子ダブルス相棒と友情のハグ 敵同士で対戦後に爽やかなスポーツマンシップ

テニスの4大大会・全仏オープンは7日、混合ダブルス準決勝で加藤未唯(ザイマックス)、ティム・プッツ(ドイツ)組が、アーディラ・スーチャディ(インドネシア)、マトヴェ・ミデルクープ(オランダ)組に7-5、6-0でストレート勝ち。自身初の決勝進出を果たした。女子ダブルスでボールガールにボールをぶつけ、大会の騒動となった失格劇を乗り越え、女子ダブルスでコンビを組んだスーチャディを破った。

混合ダブルス準決勝でストレート勝ちして笑顔を見せる加藤未唯【写真:Getty Images】
混合ダブルス準決勝でストレート勝ちして笑顔を見せる加藤未唯【写真:Getty Images】

海外ファンらも2人に労いの拍手「彼女たちの一人が決勝に行けることは正しい」

 テニスの4大大会・全仏オープンは7日、混合ダブルス準決勝で加藤未唯(ザイマックス)、ティム・プッツ(ドイツ)組が、アーディラ・スーチャディ(インドネシア)、マトヴェ・ミデルクープ(オランダ)組に7-5、6-0でストレート勝ち。自身初の決勝進出を果たした。女子ダブルスでボールガールにボールをぶつけ、大会の騒動となった失格劇を乗り越え、女子ダブルスでコンビを組んだスーチャディを破った。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 勝利を決めた加藤はプッツと抱擁を交わし、場内は拍手に包まれた。さらに、ネットに歩み寄って対戦相手のスーチャディと握手。ハグを交わして笑顔で声を掛け合った。スーチャディこそ、失格となった女子ダブルスでペアを組んでいた相棒。何かの運命か決勝進出をかけた舞台で、今度は敵同士となって戦ったが、最後は爽やかなスポーツマンシップを両者で演じた。その様子を大会公式ツイッターが紹介すると、ネット上でも反応が寄せられた。

「ミユ・カトウの素敵なストーリーだ。優勝が見られたら良いね。彼女の相棒であるスーチャディが今日の相手だったのは皮肉だ」「ミユが勝ってうれしいけど、ディラ(スーチャディ)にとっては悲しい……でも大丈夫! 彼女たちは芝のシーズンで強くなって返ってくる。すぐにタイトルを獲って!」「彼女たちが女子ダブルスで勝ち続けられれば良かったけど、彼女たちの一人が決勝に行けることは正しい」などの声があった。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集