[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

テニス加藤未唯の失格&賞金剥奪に絶句 土居美咲が同情「ありえない。。」「じゃあ基準は?」

4日に行われたテニスの全仏オープン女子ダブルス3回戦で、加藤未唯/アーディラ・スーチャディ組が第2セット途中で失格となった。加藤が返したボールが直撃してしまったボールガールが涙。謝罪するも厳しい判断が下された。加藤は試合後にツイッターで賞金とポイントが剥奪となったことを報告したが、東京五輪代表の土居美咲は「ありえない。。」「これで失格は可哀想すぎる」などと同情と擁護の投稿をしている。

女子テニスの加藤未唯【写真:Getty Images】
女子テニスの加藤未唯【写真:Getty Images】

全仏OPでボールガールに返球が直撃

 4日に行われたテニスの全仏オープン女子ダブルス3回戦で、加藤未唯/アーディラ・スーチャディ組が第2セット途中で失格となった。加藤が返したボールが直撃してしまったボールガールが涙。謝罪するも厳しい判断が下された。加藤は試合後にツイッターで賞金とポイントが剥奪となったことを報告したが、東京五輪代表の土居美咲は「ありえない。。」「これで失格は可哀想すぎる」などと同情と擁護の投稿をしている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 サラ・ソリベス=トルモ/マリエ・ブズコバ組との対戦。まさかの出来事は第2セット途中で起きた。スーチャディのリターンミスの後、加藤がボールを相手コートに返球。しかしこれがコート後方のボールガールにノーバウンドで当たってしまった。ボールガールは涙。加藤は歩みよって謝罪し、一度は警告と判断されたが、対戦相手が抗議。裁定が失格に変わり、加藤は涙を流した。

 海外ファンや選手からも失格への疑問の声と加藤を擁護する声が噴出していたが、加藤は試合後にツイッターを更新。ペナルティーとして賞金とポイントが剥奪となったことを伝えた。

 WTAツアーでシングルス1勝、ダブルス2勝を挙げている土居は、自身のツイッターでまず加藤がボールを返球したシーンに言及。「これで失格は可哀想すぎる。動画を見てもボールを渡しただけにしか見えない。当たっちゃったのは事実だけど」と同情した。さらに「ボールガールがキャッチできてたら、泣かなかったら、相手が抗議してなかったら、失格ではないの? 他の試合で同じ様な状況でも警告で済む事は沢山ある。じゃあ、基準は何?」と疑問を呈した。

 その後、賞金とポイント没収となったことに関しては「賞金とポイント剥奪。。ありえない。。」と別の投稿で絶句していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集