[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子100m障害の場内速報「誤表示」 陸連が状況説明「判定中の記録が出力されてしまった」

8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が3日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害決勝では33歳の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒95(向かい風1.2メートル)で優勝。レース直後、場内の順位表示では福部真子(日本建設工業)が優勝と速報されるなど誤表示があった。日本陸連はこれについて「写真判定員の着順判定中の記録が大型映像に出力されてしまったため、正式な着順、記録とは違うものが一時表示された」と状況を説明した。

女子100メートル障害決勝のゴールの瞬間【写真:奥井隆史】
女子100メートル障害決勝のゴールの瞬間【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 8月のブダペスト世界陸上などの代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が3日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子100メートル障害決勝では33歳の寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒95(向かい風1.2メートル)で優勝。レース直後、場内の順位表示では福部真子(日本建設工業)が優勝と速報されるなど誤表示があった。日本陸連はこれについて「写真判定員の着順判定中の記録が大型映像に出力されてしまったため、正式な着順、記録とは違うものが一時表示された」と状況を説明した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 決勝は寺田、福部、青木益未、田中佑美の4選手が12秒台でフィニッシュする大混戦。場内の速報では福部が1着と一度は伝えられたが、その後に寺田の優勝が告げられた。青木も12秒95で1000分の1秒差で2位、田中が12秒96、福部は12秒99だった。

 場内表示の誤りについて、レース後に日本陸連は状況を説明。「LIVEリザルト(判定中)における福部真子の1着の表示は、写真判定員の着順判定中の記録が大型映像に出力されてしまったため、正式な着順、記録とは違うものが一時表示された。しかし、OFFICIALリザルト(確定)では正式な着順に訂正し、リザルトを確定した」とした。

 補足として「LIVEリザルト(判定中)はあくまで判定途中のリザルトであり、最終的な正式リザルトはOFFICIALリザルト(確定)として表示している」としている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集