[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵将も指摘した“異変”に日本人驚き ユニホームの色も変わるほど「汗でびしょ濡れ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、敵地アストロズ戦に投打二刀流で先発したが、6回9安打5失点で降板し、今季2敗目(5勝)を喫した。敵将のダスティ・ベイカー監督は「オオタニもフランバー(アストロズ先発のバルデス)も汗だくだった。2人とも終盤には疲労していたね」と指摘した要因となったのは場内の暑さ。ユニホームの色が変わるほどの汗に、日本のファンの間でも「大谷さん汗でびしょ濡れ」と驚きの声が上がった。

アストロズ戦で今季2敗目を喫したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アストロズ戦で今季2敗目を喫したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ベイカー監督「場内が暑かったのは見て分かった。(両先発とも)終盤には疲労していた」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、敵地アストロズ戦に投打二刀流で先発したが、6回9安打5失点で降板し、今季2敗目(5勝)を喫した。敵将のダスティ・ベイカー監督は「オオタニもフランバー(アストロズ先発のバルデス)も汗だくだった。2人とも終盤には疲労していたね」と指摘した要因となったのは場内の暑さ。ユニホームの色が変わるほどの汗に、日本のファンの間でも「大谷さん汗でびしょ濡れ」と驚きの声が上がった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 初回にアルバレスに先制2ランを浴びると、この日は2死からの失点が目立ち、6回9安打5失点と今ひとつの投球。チームも同地区のライバル、アストロズとの4連戦で手痛い2連敗を喫した。アストロズのベイカー監督は「彼は最高の選手の一人。今夜の彼は、今まで我々が見たようにシャープではなかった」と“異変”を指摘したベイカー監督は「場内が暑かったのは見て分かった。オオタニもフランバーも汗だくだった。2人とも終盤には疲労していたね」と語った。

 確かにこの日は大谷の発汗が目立ち、ファンの間ではベンチで腰かけた大谷がユニホームの色が変わるほど、ぐっしょりと汗をかいている様子が話題に。ネット上では「大谷さん汗でびしょ濡れ」「汗だっくだく」「二刀流の汗」「やっぱり暑かったんかな」「これが二刀流をやるということ」と驚きの声が上がった。ただでさえ疲労する先発投手を1番打者との二刀流で務めた大谷。6勝目はならなかったものの、少しでもリフレッシュして次回登板に備えたい。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集