[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁「つらい敗戦」 PO地区決勝第2戦で21得点&好守も反省「アグレッシブに行こうとしたが…」

米プロバスケットボール(NBA)は18日(日本時間19日)、プレーオフ(PO)西地区決勝(7回戦制)の第2戦が行われ、八村塁が所属する第7シードのレイカーズは敵地で同1位ナゲッツに103-108で敗れ、第1戦に続く連敗となった。ベンチスタートとなった八村は途中出場ながらも躍動。第2クォーター(Q)終了時点で7本あったフィールドゴール(FG)の成功率が100%、最終的にはチーム2位の21得点という内容だったが、勝利を逃したことに「つらい敗戦だった」と悔しがった。

PO地区決勝ナゲッツ戦、21得点をあげたレイカーズの八村塁【写真:ロイター】
PO地区決勝ナゲッツ戦、21得点をあげたレイカーズの八村塁【写真:ロイター】

NBAプレーオフ西地区決勝第2戦

 米プロバスケットボール(NBA)は18日(日本時間19日)、プレーオフ(PO)西地区決勝(7回戦制)の第2戦が行われ、八村塁が所属する第7シードのレイカーズは敵地で同1位ナゲッツに103-108で敗れ、第1戦に続く連敗となった。ベンチスタートとなった八村は途中出場ながらも躍動。第2クォーター(Q)終了時点で7本あったフィールドゴール(FG)の成功率が100%、最終的にはチーム2位の21得点という内容だったが、勝利を逃したことに「つらい敗戦だった」と悔しがった。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 第1戦に続き、試合開始からしばらくはベンチから戦況を見守った八村。第1Q残り3分56秒にコートに入ると10秒足らずでレイアップシュートを決め、3ポイントシュートなど第2Q終了までに7本のフィールドゴールをすべて成功させた。守備でもナゲッツの攻撃の柱、MVP2度獲得のニコラ・ヨキッチをアンソニー・デイビスとともに封じ、第3Qまでは試合を優位に進めた。

 だが、第4Qに入るとナゲッツの猛攻を食い止めきれずに逆転負け。米メディアなどからは前半の活躍を称賛された八村だったが、試合後は「つらい敗戦だった」と無念さを露わにし、「彼らはタフショットを決めた。ヨキッチやシューターをガードするのに私たちは良い仕事をしたと思うが、彼らは私たちの上から打ってきた。彼らは大きいので、私たちの上から打つことができる。もっとハードにプレーしなければいけなかった」と語った。

 第1戦の終盤に211センチのニコラ・ヨキッチとマッチアップして攻撃を封じたこともあり、守備面での期待も大きかった八村。「攻守両方でアグレッシブに行こうとした。特に相手のビッグマンに対して。コーチ陣はこれが僕にとって大きなシリーズになると言い続けていたから、それに向けて準備はできていた」と態勢を整えていた。だが結果は敗戦。「私たちはこの試合に負けてしまった。タフな敗戦だった」と振り返っていた。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集