[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ史上初の姉妹POで双子の妹・岩井千怜が優勝! 姉・明愛&女王・山下を制し涙の3勝目

女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。双子の岩井明愛、千怜(ともにHonda)がともに通算11アンダーで並び、昨季の年間女王・山下美夢有(加賀電子)も含めた3人でプレーオフ(PO)に突入。姉妹が出場するPOは史上初だったが、妹・千怜が2ホール目でこれを制し、ツアー通算3勝目を挙げた。この優勝で、史上初となる「同一年度に姉妹選手がともに優勝」の快挙も成し遂げた。

RKB×三井松島レディスで優勝した岩井千怜【写真:Getty Images】
RKB×三井松島レディスで優勝した岩井千怜【写真:Getty Images】

RKB×三井松島レディス最終日、史上初の「同一年・姉妹V」も達成

 女子ゴルフの国内ツアー・RKB×三井松島レディス最終日が14日、福岡CC和白Cで行われた。双子の岩井明愛、千怜(ともにHonda)がともに通算11アンダーで並び、昨季の年間女王・山下美夢有(加賀電子)も含めた3人でプレーオフ(PO)に突入。姉妹が出場するPOは史上初だったが、妹・千怜が2ホール目でこれを制し、ツアー通算3勝目を挙げた。この優勝で、史上初となる「同一年度に姉妹選手がともに優勝」の快挙も成し遂げた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 姉・明愛が首位、妹・千怜が4打差7位で迎えたこの日。猛チャージを見せたのは千怜だった。出だし1番パー5から3連続バーディーを奪う絶好のスタート。ボールを拾い上げると、観客の拍手に笑顔で応えた。5番パー4でもバーディーを記録し、前半4つスコアを伸ばした。

 さらに10番パー4、12番パー3でもバーディーを奪い、この時点で単独首位に浮上。その後一度は追いつかれたものの、17番パー4では長いバーディーパットを沈めて単独首位でホールアウトした。その後、山下が最終18番パー5で難しい距離のバーディーパットを沈めて千怜に並びホールアウト。さらに一度は抜かれた明愛も、1打差で突入した最終18番の2打目で「直ドラ」を選択する勝負。2オンこそならなかったが、距離を稼いでバーディーとし、3人によるプレーオフが決まった。

 史上初の双子姉妹が出場するプレーオフは18番パー5で行われた。1ホール目、山下が入れれば優勝のバーディーチャンスを迎えるも外し、3選手ともにパーで2ホール目に突入。岩井姉妹はティーショットが同じような位置につき、まずは姉・明愛が正規の18番と同じく「直ドラ」を選択。距離を稼ぐと、妹・千怜も同様にドライバーで打った。いずれも2オンはならなかったが、グリーン手前に着弾した。

 明愛、千怜も3打目のアプローチで見事にピンに寄せる。その後に迎えた山下のバーディーバットは絶妙だったが、カップに嫌われて惜しくもパーとなった。続く明愛はバーディーパットを外し、千怜がバーディーパットを沈めたことで優勝した。姉妹と山下はグリーン上でハグ。健闘を称え合った。 優勝直後のインタビューで、千怜は「(姉妹POは)長年の夢だったので、夢が今日一つ叶いました」と涙ぐみながら語った。優勝スピーチでは「もう少しというところで勝てない日々が続いた。今日は悔しさを胸に、絶対勝ってやるという気持ちで勝つことができました」と喜んだ。

 明愛は4月のKKT杯バンテリンレディスでツアー初優勝。男女を通じて史上初めて双子でレギュラーツアーVを達成しているが、今回千怜が優勝したことで「同一年度に姉妹選手がともに優勝」という史上初の快挙も成し遂げた。今大会では初日に明愛が7アンダーで首位、千怜が6アンダーで2位となり、双子で初日1、2位発進したことでも話題に。2日目には史上初となる最終組の姉妹同組が実現していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集