[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、引退を正式発表「ボクサーとしての生活は終わり」 五輪金メダル&世界王者の偉業

ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストで元WBA世界同級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が28日、都内の会見で現役引退を正式発表した。昨年4月に敗れたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦が現役最後の試合に。五輪金メダルからプロで世界王者になる日本人唯一の偉業を成し遂げた37歳が、23年のボクサー人生に別れを告げた。プロ戦績は19戦16勝(13KO)3敗。

都内の会見に出席し、コメントする村田諒太【写真:荒川祐史】
都内の会見に出席し、コメントする村田諒太【写真:荒川祐史】

ボクシングの村田諒太が会見

 ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストで元WBA世界同級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が28日、都内の会見で現役引退を正式発表した。昨年4月に敗れたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦が現役最後の試合に。五輪金メダルからプロで世界王者になる日本人唯一の偉業を成し遂げた37歳が、23年のボクサー人生に別れを告げた。プロ戦績は19戦16勝(13KO)3敗。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 村田はテレビカメラ13台、スポンサー関係者も駆け付けた会場で会見。凛々しいスーツ姿で登壇した。「皆さん、今日はお集まりいただきありがとうございます。引退会見、大袈裟にしてくれるなと言ったけど、なかなか大袈裟になったなと。ちょっと何て言ったらいいか言葉を失ってしまう。本日をもって、プロボクサー村田諒太は引退いたします。ボクサーとしての生活は終わりになります」と引退を正式に口にした。

 村田は14歳だった中学3年からアマチュアでボクシングを始め、南京都高(現・京都廣学館高)で高校5冠を達成。東洋大を経て、2011年世界選手権で銀メダルを獲得すると、12年ロンドン五輪で日本人48年ぶり2人目の金メダルに輝いた。13年8月にプロデビューし、17年10月に世界王座奪取。五輪金メダルからプロで世界王座に就くのは日本人初の偉業だった。

 世界的に層の厚いミドル級。体格に恵まれないアジア人には縁のない領域だったが、初防衛に成功したのも日本人初だった。2度目の防衛戦となった18年10月にロブ・ブラント(米国)に敗れて王座陥落。しかし、19年7月の再戦では魂の豪打でファンを沸かせ、王座奪還劇は感動を呼んだ。

 同年12月に再び初防衛。以降はコロナ禍で試合ができず、ゴロフキン戦が2年4か月ぶりのリングだった。ゴロフキン戦は年間最高試合賞(世界戦)を受賞。9回2分11秒TKOで敗れたものの、興行規模が20億円を超える日本ボクシング史上最大のビッグマッチと言われ、世界的レジェンドとの死闘はファンを熱狂させた。

 ゴロフキン戦以降、進退について揺れる胸中を明かしていた村田。今年2月の年間表彰式後に取材に応じ、「あの試合は僕の中では最後だと思っている。まだ発表できていないだけ」と事実上の引退を表明していた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集