[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフで最大8打差から逆転V 青木瀬令奈が4勝目、独走・上田桃子はまさかの3位

女子ゴルフの国内ツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOSの最終日が19日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、首位と4打差の2位で出た30歳の青木瀬令奈(リシャール・ミル)が8バーディー、ボギーなしの64で回り、大会新の通算17アンダーで逆転優勝を飾った。単独首位で出た上田桃子(ZOZO)に最大8打差をつけられながら猛追。昨年7月以来のツアー通算4勝目を飾った。上田は3位に終わり、単独首位で迎えた最終日は3度連続で優勝を逃した。

Tポイント×ENEOSで最大8打差から逆転優勝した青木瀬令奈【写真:Getty Images】
Tポイント×ENEOSで最大8打差から逆転優勝した青木瀬令奈【写真:Getty Images】

Tポイント×ENEOS

 女子ゴルフの国内ツアー今季第3戦・Tポイント×ENEOSの最終日が19日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で行われ、首位と4打差の2位で出た30歳の青木瀬令奈(リシャール・ミル)が8バーディー、ボギーなしの64で回り、大会新の通算17アンダーで逆転優勝を飾った。単独首位で出た上田桃子(ZOZO)に最大8打差をつけられながら猛追。昨年7月以来のツアー通算4勝目を飾った。上田は3位に終わり、単独首位で迎えた最終日は3度連続で優勝を逃した。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 上田の独走かと思われた。青木と同じ最終日最終組。出だしは5連続バーディーで一気に18アンダーまで伸ばした。青木も5番でバーディーを奪ったが、この時点で8打差。前半終了時で2人は、上田17アンダー、青木12アンダーの5打差だった。

 しかし、上田が後半に崩れた。11番でダブルボギーを叩くと、13番でもダボ。青木は10、12、13番で1つずつ伸ばし、逆転した。上田は14番ボギーで笹生優花にも抜かれ、さらに後退。青木は15、16番も伸ばし、鮮やかに逆転優勝を手にした。上田は17番でもボギー。異例の9人が並ぶ大混戦の3位だった。

 上田は6月で37歳になる大ベテラン。メルセデス・ランキングは12位で2013年から10季連続でシード権を守っている。昨年大会は3位で最終日最終組に入って6位。11月には2週連続単独首位で最終日を迎えながら、5位、3位と優勝が手からこぼれ落ちた。前日は「あまり気負わずにしっかりやれることをやるだけ」と語っていたが、単独首位から出た最終日は直近3戦連続で優勝を逃した。

 青木は昨年7月以来のツアー通算4勝目。昨季はメルセデス・ランキング11位だった。3年連続で優勝を手にし、若手が次々と台頭する女子ツアーの中で年を重ねるごとに強さを増している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集