[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

登録者2000万人、お騒がせYouTuberがボクシング初黒星 「プロと呼べない」辛辣な声も

登録者数2000万人を誇るお騒がせYouTuberジェイク・ポール(米国)が26日、サウジアラビアで開催されたボクシングのクルーザー級8回戦でトミー・フューリー(英国)と対戦。ダウンを奪ったものの判定負けし、プロボクシング7戦目で初黒星を喫した。勝ったフューリーはポールを称えたが、元WBC世界スーパーミドル級王者は「彼(ポール)は自身のことをプロボクサーと呼ぶことはできない」と語るなど、試合後に様々な意見が飛び交っている。

トミー・フューリーと対戦したジェイク・ポール【写真:ロイター】
トミー・フューリーと対戦したジェイク・ポール【写真:ロイター】

ジェイク・ポールがトミー・フューリーに判定負け

 登録者数2000万人を誇るお騒がせYouTuberジェイク・ポール(米国)が26日、サウジアラビアで開催されたボクシングのクルーザー級8回戦でトミー・フューリー(英国)と対戦。ダウンを奪ったものの判定負けし、プロボクシング7戦目で初黒星を喫した。勝ったフューリーはポールを称えたが、元WBC世界スーパーミドル級王者は「彼(ポール)は自身のことをプロボクサーと呼ぶことはできない」と語るなど、試合後に様々な意見が飛び交っている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 昨年10月、元UFC世界ミドル級王者のアンデウソン・シウバ(ブラジル)に3-0で判定勝ちするなど、未だ無敗だったポール。この日は8回にカウンターの左でダウンを奪ったものの、WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)の異母弟であるトミーに1-2の判定負けを喫した。

 英メディア「トーク・スポーツ」のマイケル・ベンソン記者はこの試合後、自身のツイッターでトミーのコメントを動画で紹介。「彼を立派なボクサーと言えない理由なんてない。タフな男だった。いいショットをいくつか放っていた」とポールの戦いぶりを称賛している。またトミーの父ジョンも「彼(ポール)は自身のことをプロボクサーという権利を持っている。感銘を与えたからだ。素晴らしいショットを放った」と評価していた。

 しかし、英専門メディア「ボクシング・ソーシャル」は「カール・フローチはジェイク・ポールがトミー・フューリーに敗れた試合のことを評価する際に遠慮しなかった」とツイッターに記し、元WBC世界スーパーミドル級王者カール・フローチが語ったコメントをこう伝えている。

「彼(ポール)は自身のことをプロボクサーと呼ぶことはできない。彼はプロボクシングの世界に不名誉と嫌悪感をもたらしている。正直に言って、彼はファイトにしっかり入っていなかった」

 プロライセンスを持つポールだが、今回の戦いぶりをフローチ氏は評価していない様子。注目される存在だけあり、海外ファンからも様々な意見がSNS上で飛び交っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集