[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁もビックリ 味方の“諦めショット”がまさかのブザービーターに米興奮「激アツ」

米プロバスケットボール(NBA)は31日(日本時間1日)、八村塁が加入したレイカーズが敵地でニックスと対戦。オーバータイム(OT)にもつれ込む熱戦の末に129-123で勝利した。2戦連続の先発出場と八村は移籍後最多の19得点と躍動し、プレータイムも今季最長の40分25秒。試合中には味方が“諦めて”放ったショットがまさかのブザービーターになる珍場面もあった。八村も驚いたシーンの動画を米メディアが公開すると、海外ファンから「激アツショット」といった反響が寄せられている。

敵地ニックス戦にスタメン出場した八村塁【写真:Getty Images】
敵地ニックス戦にスタメン出場した八村塁【写真:Getty Images】

第2Q終了間際にシュルーダーが放ったショット

 米プロバスケットボール(NBA)は31日(日本時間1日)、八村塁が加入したレイカーズが敵地でニックスと対戦。オーバータイム(OT)にもつれ込む熱戦の末に129-123で勝利した。2戦連続の先発出場と八村は移籍後最多の19得点と躍動し、プレータイムも今季最長の40分25秒。試合中には味方が“諦めて”放ったショットがまさかのブザービーターになる珍場面もあった。八村も驚いたシーンの動画を米メディアが公開すると、海外ファンから「激アツショット」といった反響が寄せられている。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 鮮やかなショットだった。49-53とリードを許して第2クォーター(Q)終了の瞬間を迎えたレイカーズは、残り1秒を切ってからボールを奪ったレブロン・ジェームズが左にパス。これを受けたデニス・シュルーダーはハーフライン付近からリングに向けて山なりのショットを放った。時間もなかったことから打った瞬間に終了のブザーを聞きながらリングに背を向けたシュルーダー。しかし、大きな弧を描いて飛んだボールはゴール板に当たってリングに入った。

 近くで見ていた八村は口を開けてびっくり。シュルーダーのマークに付いていたニックスのイマニュエル・クイックリーもまさかのブザービーターに、呆れたような仕草を見せた。それでも当のシュルーダーは首を振りながら冷静を装った。

 米メディア「ブリーチャー・リポート」公式ツイッターは動画を公開。米ファンからは「激熱ショット」「本人は入ると思ってないからめっちゃ興奮したはずだ」「これはタフ」「カリーでもできない」「最もクレイジーなハーフコートシュート」といったコメントが集まっている。

 OTまでもつれ込んだ激戦だっただけに、シュルーダーのブザービーターはレイカーズにとっては大きな3ポイント。レブロンにもアシストがつき、この日記録した今季初のトリプルダブルも後押しした形となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集