[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁をレブロン称賛「世話焼く必要ない」 19得点で注文も「傑出した選手になって」

米プロバスケットボール(NBA)は31日(日本時間1日)、レイカーズが敵地でニックスと対戦。129-123で勝利した。2戦連続の先発出場となった八村塁は移籍後最多の19得点と躍動。プレータイムも今季最長の40分25秒で、9リバウンド、1ブロックをマークした。試合後、会見で同僚のレブロン・ジェームズが八村を称賛。性格面にも言及しつつ「傑出した選手」になることを求めた。

敵地ニックス戦にスタメン出場した八村塁【写真:Getty Images】
敵地ニックス戦にスタメン出場した八村塁【写真:Getty Images】

ニックス戦で移籍後最多19得点

 米プロバスケットボール(NBA)は31日(日本時間1日)、レイカーズが敵地でニックスと対戦。129-123で勝利した。2戦連続の先発出場となった八村塁は移籍後最多の19得点と躍動。プレータイムも今季最長の40分25秒で、9リバウンド、1ブロックをマークした。試合後、会見で同僚のレブロン・ジェームズが八村を称賛。性格面にも言及しつつ「傑出した選手」になることを求めた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 八村とレブロンは、この試合で初めて同時にスタメン出場。第1クォーター(Q)開始1分30秒すぎ、八村はジャンプショットでこの日初得点をマークすると、続けて絶妙なパスを受けてレイアップを決める。いずれもレブロンのアシストだった。

 第4Qでもレブロンのパスを豪快なダンクに結び付けた八村は、オーバータイム(OT)で相手のジェイレン・ブランソンが放ったシュートにジャンプ一番、指先ギリギリで触れて好ブロック。攻守に勝利に貢献した。

 試合後、米カリフォルニア州地元局「スペクトラム・スポーツネット」ではレブロンの会見映像が公開された。八村について質問が及ぶと「彼は試合の最初から最後までアグレッシブだった」と称賛。チームに馴染むことはもちろん、「傑出した選手」になってほしいと注文を付けた。

 レブロンは八村の性格面にも触れ、「チームに合流してクールに振舞うことだけを求めているわけじゃない。彼自身が元々クールな性格だからね。とてもクールで、落ち着いている。こちらが世話を焼く必要はないんだ」とクールさに言及し、こう続けた。

「でも、彼がチームにもたらす能力は、我々にとって毎晩発揮してほしいもの。AD(アンソニー・デービス)も積極的に行け、と言っていたけど、彼は最初から最後までアグレッシブだったよね。そのパフォーマンスを最後はブロックで締めくくった。良いピースを我々は幸いなことに手に入れた」

 求めていた積極性が、最後のブロックにも表れたと“キング”は感じているようだ。自身は28得点、10リバウンド、11アシストのトリプルダブルを達成。この試合でスティーブ・ナッシュを抜き、アシスト数で歴代4位に到達している。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集