[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 仏のPK獲得、ハンドの決定的瞬間の1枚に海外ファン賛否「やってない」「これはPK」

仏のPK獲得、ハンドの決定的瞬間の1枚に海外ファン賛否「やってない」「これはPK」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、決勝でフランスがクロアチアを4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を達成した。PKによる決勝点が生まれたシーンのハンドの判定が物議をかもしているが、海外メディアはハンドの決定的瞬間の画像を公開。ファンの賛否も真っ二つに分かれている。

クロアチアFWイバン・ペリシッチ【写真:Getty Images】
クロアチアFWイバン・ペリシッチ【写真:Getty Images】

前半35分のハンドの決定的瞬間を海外メディアが公開

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、決勝でフランスがクロアチアを4-2で破り、20年ぶり2度目の優勝を達成した。PKによる決勝点が生まれたシーンのハンドの判定が物議をかもしているが、海外メディアはハンドの決定的瞬間の画像を公開。ファンの賛否も真っ二つに分かれている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 問題のシーンは1-1の前半35分。フランスのコーナーキックの場面でクロアチアFWイバン・ペリシッチはニアサイドでクリアを試みた際に、ボールが左腕を直撃。主審がVARによりPKの判定を下した。ハンドは故意には見えず、厳しい判定にも映ったが、結局はPKをフランスFWアントワーヌ・グリーズマンが冷静に決めて勝ち越しに成功。結果的に勝敗を分ける場面となった。

 ボールが腕を直撃する、まさにその瞬間を米放送局「FOXスポーツブラジル」は公式インスタグラムで静止画で公開。左手にはっきりと当たっているのが確認できるが、同メディアはユーザーにPKの判定が正しかったかどうかを問いかけている。

 コメント欄のファンの意見も拮抗。ほぼ賛否が二分されている。

「クロアチアを応援してたけど、これはペナルティだ」
「フェアでなければいけない」
「これはやってない」
「間違いなくペナルティ」

 これまでなら見逃されていたプレーかもしれないが、最後までVARが大活躍した大会となった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー