[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メッシが代表引退を否定 母国メディアに語る「W杯王者として、まだ数試合続けたい」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は18日(日本時間19日)、決勝でアルゼンチンとフランスが激突した。延長戦を終えて3-3と決着がつかず、PK戦に突入。アルゼンチンがこれを4-2で制し、36年ぶり3度目の優勝を掴んだ。FWリオネル・メッシは2得点。大会MVPに選出された。今大会が最後のW杯と公言していたが、「W杯チャンピオンとして、まだ数試合続けたい」と、即座に代表引退することは否定したという。海外メディアが報じている。

悲願の優勝トロフィーを手にしたリオネル・メッシ【写真:ロイター】
悲願の優勝トロフィーを手にしたリオネル・メッシ【写真:ロイター】

カタールW杯

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は18日(日本時間19日)、決勝でアルゼンチンとフランスが激突した。延長戦を終えて3-3と決着がつかず、PK戦に突入。アルゼンチンがこれを4-2で制し、36年ぶり3度目の優勝を掴んだ。FWリオネル・メッシは2得点。大会MVPに選出された。今大会が最後のW杯と公言していたが、「W杯チャンピオンとして、まだ数試合続けたい」と、即座に代表引退することは否定したという。海外メディアが報じている。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 35歳のメッシは前半戦にPKを決めて先制ゴールを決めると、同点で迎えた延長後半4分にはこぼれ球を押し込み、勝ち越しゴールをマーク。PK戦でも1人目として成功した。今大会は通算7ゴールを決め、見事に大会MVPに輝いた。

 スペイン紙「ムンドデポルティーボ」は、「メッシ:『代表からは引退しない、タイトルの名誉を守るために続ける』」との見出しで記事を掲載。試合後にメッシが母国アルゼンチンのスポーツ専門局「TyC Sports」に語ったコメントを伝えている。

 メッシは「僕がキャリアをこれ(W杯優勝)とともに閉じたかったのは、はっきりしている。これ以上、望むことはできない。神様のおかげで、僕は全てを与えられた。このような形で、僕のキャリアをほぼ閉じることができるのは、感動的なことだ。これ以上、何があるというんだ」と語ったという。

「コパ・アメリカ、W杯を制覇することができた……ほぼ、終わりの時期に与えられた。僕はサッカーが、僕のやっていることが大好きだ。代表に、このグループにいることを楽しんでいるし、W杯チャンピオンとして、まだ数試合続けたい」と、すぐに代表引退することは否定したと伝えられている。

 悲願を達成したことについては「これは、小さい頃から誰もが持っている夢だ。僕は全てを達成する幸運を手にすることができたし、これ(W杯)が僕には欠けていたが、ここにある」「今日、これ以上、何を望める? サッカーは、本当にクレイジーなスポーツだ。ワールドカップ優勝は、全ての子供の夢だ。これは、アルゼンチンの国のためだ」と感無量だったという。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集