[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「腹筋バキバキですげぇ」 NHK杯で優勝のカナダ女子選手、GPファイナルでも驚きの声

イタリア・トリノで開催されたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは11日のエキシビションで幕を閉じた。宇野昌磨、三原舞依の男女シングルに加え、ペアの三浦璃来、木原龍一組も優勝したこの大会。アイスダンスに出場したカナダの女子選手が、見事な腹筋でも注目を集めた。

アイスダンスのロランス・フルニエ・ボードリー(左)、ニゴライ・サアアンスン組【写真:Getty Images】
アイスダンスのロランス・フルニエ・ボードリー(左)、ニゴライ・サアアンスン組【写真:Getty Images】

GPファイナルに登場のボードリー

 イタリア・トリノで開催されたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは11日のエキシビションで幕を閉じた。宇野昌磨、三原舞依の男女シングルに加え、ペアの三浦璃来、木原龍一組も優勝したこの大会。アイスダンスに出場したカナダの女子選手が、見事な腹筋でも注目を集めた。

 アイスダンスに出場したロランス・フルニエ・ボードリー、ニゴライ・サアアンスン組は、合計196.15点で6位。海外フィギュアスケート専門サイト「ゴールデンスケート」公式インスタグラムでは演技後の2人の写真を公開。2人が10年間交際しており、近くプロポーズするかもしれないとサアアンスンが語った事を伝えていた。

 海外ファンからは「アメージングなダンスをありがとう。ミスがあったとしても素晴らしかった」「なんと! 結婚していると思ってた」などと言ったコメントのほか、見事に腹筋が割れているボードリーについて「この体は信じられない」と驚く声も寄せられていた。

 11月のNHK杯では合計210.41点でGPシリーズ初優勝を成し遂げている2人。演技するボードリーの姿にツイッター上では当時、「かわいいのにムキムキという超逸材」「腹筋がバキバキに割れていてすげぇ…ってなってる」「シックスパックに割れてる」「かっこいい…ああなりたい…」などと日本のファンからも注目が集まっていた。

 30歳のボードリーはNHK杯を振り返ったインスタグラム投稿で、初めて新鮮な寿司を食べた事となどを報告。「日本での一週間は楽しかった……ワクワクする初めてのことがたくさん!」「成功の一部になってくれた全ての人たちに感謝。ありがとう」などと記していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集