[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「パリ五輪へこの階級は熾烈」 柔道・24歳舟久保遥香のGS東京初Vに代表監督称賛

柔道のグランドスラム(GS)東京大会初日が3日、東京体育館で行われた。女子57キロ級決勝では、舟久保遥香(三井住友海上)が東京五輪銅メダルの芳田司(コマツ)に1分36秒の一本勝ち(横四方固)で大会初優勝。今大会は来年5月の世界選手権(ドーハ)代表選考会の一つとなっている。

芳田司、舟久保遥香、大森朱莉、玉置桃(左から)【写真:Getty Images】
芳田司、舟久保遥香、大森朱莉、玉置桃(左から)【写真:Getty Images】

柔道グランドスラム東京

 柔道のグランドスラム(GS)東京大会初日が3日、東京体育館で行われた。女子57キロ級決勝では、舟久保遥香(三井住友海上)が東京五輪銅メダルの芳田司(コマツ)に1分36秒の一本勝ち(横四方固)で大会初優勝。今大会は来年5月の世界選手権(ドーハ)代表選考会の一つとなっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 得意の寝技で早々に勝負を決めた。開始1分過ぎ、舟久保が寝技に持ち込んで横四方固へ。抜け出そうとする芳田を封じ、完勝した。10月の世界選手権は悔しい2位。GS東京と大阪を含めて初優勝した24歳は「反省してしっかり自分の柔道をしようと思っていた。(世界選手権の映像は)そこまで見返したわけではないですが、しっかり反省すべきところはしてきました」と結果を出した。

 女子日本代表の増地克之監督も「舟久保は世界選手権での悔しさがあった。彼女の寝技をしてワンチャンスをものにした」と称賛。一方、芳田についても「東京五輪で悔しい想いをしている。パリ五輪に向けてこの階級は熾烈を極めると思います」と今後の代表争いに触れた。

 27歳の芳田は2017年以来の優勝は届かず、「調子はよかったと思います」と淡々。「改善するところはたくさんある。(自分の動きを)見透かされていた。私も寝技が得意と思っている。とにかく小さくならず、自分の柔道をしようと真っ直ぐにいきました」と振り返った。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集