[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

A東京と日本代表の両立に苦心 バスケ吉井裕鷹、勝利貢献も「実力不足」と語る理由は?

トム・ホーバスがバスケットボール男子日本代表のヘッドコーチ(HC)に就任して、もう1年以上が経つ。彼は所属チームでまだ地位を築けていない若手選手でも、躊躇なく代表の主力として起用している。井上宗一郎(サンロッカーズ渋谷)と吉井裕鷹(アルバルク東京)は、その代表例だ。

26日の仙台89ERS戦で8得点、攻守に奮闘したアルバルク東京の吉井裕鷹【写真:B.LEAGUE】
26日の仙台89ERS戦で8得点、攻守に奮闘したアルバルク東京の吉井裕鷹【写真:B.LEAGUE】

26日のBリーグ仙台戦で奮闘、71-54の勝利に貢献

 トム・ホーバスがバスケットボール男子日本代表のヘッドコーチ(HC)に就任して、もう1年以上が経つ。彼は所属チームでまだ地位を築けていない若手選手でも、躊躇なく代表の主力として起用している。井上宗一郎(サンロッカーズ渋谷)と吉井裕鷹(アルバルク東京)は、その代表例だ。

 しかし、夏の代表活動に参加することで、所属チームでBリーグ開幕前のトレーニングに参加する時間は減る。井上、吉井はそれぞれのチームでなかなか出番を得られていない。

 例えば、吉井は10月8日の千葉ジェッツ戦、10月23日の宇都宮ブレックス戦でプレータイムを全く獲得できなかった。昨シーズンの終盤はライアン・ロシターの負傷もあって“準レギュラー”として起用されていたが、今季は新HCの下で真価を見せられていなかった。

 しかし26日の仙台89ERS戦は吉井が16分27秒の出場時間で、8得点を記録している。チームは堅固な守備で仙台を圧倒し、71-54で勝利した。

 A東京のデイニアス・アドマイティスHCは次のように語る。

「早いタイミングで吉井を投入するのは、作戦通りのローテーションプランでした。ベンチから出る若い選手には『ディフェンスをプラン通りすれば、やればやるほどプレータイムも伸びる』と伝えています。今日については(吉井が)非常に良い働きをした。ディフェンスのミスは一つあって、(ネイサン・)ブースに3ポイントを決められたけれど。それ以外はほとんどのケースでいい仕事をしていた」

 仙台はネイサン・ブースら4名のビッグマンを擁している。外国籍選手の同時起用は「2名以下」と定められているが、帰化選手の小寺ハミルトンゲイリーも含めて3人のビッグマンが同時にコートに立つ時間帯がある。

 24歳の吉井は196センチ・94キロのスモールフォワード/パワーフォワード。サイズがありつつ、オールラウンドなプレーができて、外国出身選手にもついていける守備力もある。チームルールを守りつつ、主に仙台のビッグマンを封じる――。それが彼に与えられたミッションだった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集