[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、若き敵軍スターを“金縛り”にしたフロントドア変化に米衝撃「これ何て球?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。7回に2被弾するなど、6回1/3で6安打6失点。今季5敗目を喫した。それでも、昨季世界一の球団を相手に6回までは11奪三振をマークする快投。若きスターを“金縛り”にした投球で「信じられない」「これ何て球種?」と日米のファンに衝撃を与えていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ブレーブス戦、アクーニャJr.への投球が話題

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。7回に2被弾するなど、6回1/3で6安打6失点。今季5敗目を喫した。それでも、昨季世界一の球団を相手に6回までは11奪三振をマークする快投。若きスターを“金縛り”にした投球で「信じられない」「これ何て球種?」と日米のファンに衝撃を与えていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 24歳のスターが反応できなかった。3回2死走者なし、大谷は右打者ロナルド・アクーニャJr.を1-2と追い込むと、最後は内角にフロントドア変化の一球を投げ込んだ。84マイル(約135キロ)でボールからストライクとなる投球に、アクーニャJr.は体をのけ反るようにしてバットを振れず。見逃し三振となった。

 この投球映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに投稿。「ショウヘイ・オオタニ、アクーニャJr.をのけ反らせる三振」と脚光を浴びせ、米ファンからは「エゲツない」「なんてこと」「狂気だ」「オーマイガー」「ビデオゲームのキャラ」「おかしいだろ」「信じられない」などと驚きの声が寄せられた。

 日本のファンも「これは何ていう球種?」「アクーニャ選手を金縛り状態に!」「この見逃し三振最高に気持ちよかった」とコメントしていた投球。2018年に大谷と共に新人王となったアクーニャJr.は、2019年にはシーズン41本塁打の長打力だけでなく、盗塁王(37個)を獲得する脚力も披露。今年の球宴にも出場した若きスターとの対戦に注目が集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集