[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、着弾地点不明の衝撃141m弾に敵番記者も驚愕「球場から消えたと誰もが思った」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回に自己キャリアで4番目となる飛距離141メートルの特大16号を放った。その衝撃は凄まじく、マリナーズの番記者からも「打球が球場から消えたと誰もが思った」と慄く声が上がった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

地元のファン、記者のみならず与えた特大弾のインパクト

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回に自己キャリアで4番目となる飛距離141メートルの特大16号を放った。その衝撃は凄まじく、マリナーズの番記者からも「打球が球場から消えたと誰もが思った」と慄く声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 もはや、着弾地点が分からない。0-1で迎えた3回2死、大谷はカウント3-1からマリナーズの先発右腕ギルバートが投じた甘い速球を見逃さなかった。投手は打球を目で追うことすらせず、外野手は動こうともしない。完璧な打球は右翼席中段とみられる付近に着弾。飛距離462フィート(約140.7メートル)の超特大弾は、打球速度117.2マイル(189.9キロ)の一発となった。

 驚いたのはロサンゼルスのファン、メディアばかりではない。MLB公式サイトのマリナーズ番、ダニエル・クレイマー記者も「その打球が球場から消えたと誰もが思った。ショウヘイ・オオタニは462フィート飛ばし、打球速度は118マイル」と特大弾に驚いた様子。あまりの飛距離に敵の番記者にまでインパクトを残していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集