[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1決勝で驚きの決断 粘着テープを活用したピットクルーに英メディア笑撃「効果的だ」

自動車レースのF1アゼルバイジャンGP決勝で、角田裕毅(アルファタウリ)は13位だった。レース中、マシンに施された粘着テープでの“応急処置”には「これはアート」などと海外ファンから驚きの声が上がっていたが、英メディアも「いざという時、粘着テープ以上に効果的なものはない」とこの対応について記事で報じている。

角田裕毅のマシンに施された“応急処置”に海外から反響【写真:ロイター】
角田裕毅のマシンに施された“応急処置”に海外から反響【写真:ロイター】

アゼルバイジャンGP決勝、角田裕毅のマシンの応急処置が話題に

 自動車レースのF1アゼルバイジャンGP決勝で、角田裕毅(アルファタウリ)は13位だった。レース中、マシンに施された粘着テープでの“応急処置”には「これはアート」などと海外ファンから驚きの声が上がっていたが、英メディアも「いざという時、粘着テープ以上に効果的なものはない」とこの対応について記事で報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 好調だった角田に不運が襲った。8番からスタートして順位を上げ、6番手で走行中だったが、途中でリアウイングの一部が破損。ピットインを余儀なくされた。ここでピットクルーは、修理に銀色の粘着テープを使用。慌ただしく“応急処置”を施し、角田を送り出した。F1公式インスタグラムは実際の映像を公開し、文面には「世界で最も技術的に進歩のあるスポーツ」と記して脚光を浴びせた。

 海外ファンからは「5分でできる工作」「これはアートプロジェクト」などと驚きのコメントが寄せられていたが、英スポーツメディア「スポーツバイブル」も注目。「アゼルバイジャンGPでF1チームが粘着テープで修理しファンを楽しませる」との見出しで記事を掲載した。記事では「F1は大金のかかるスポーツで、信じられないエンジニアリングの革新が全てだが、いざという時、粘着テープ以上に効果的なものはない」と報じた。

 英紙「デイリー・エクスプレス」も同様に角田のマシンに起きた珍事を特集。英衛星放送「スカイスポーツ」のピットレポーターのカルン・チャンドック氏が中継中に「FIA(デクニカルデリゲート)のジョー・バウアーはピットレーンに足音荒く駆けつけた」「FIAが喜ぶようなことではないでしょうね」とコメントしたことを伝えていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集