[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田VSゴロフキン興行 セミファイナルの中谷潤人、知名度UPの勝利宣言「熱い試合を」

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦は、9日にさいたまスーパーアリーナで行われる。7日は都内のホテルで会見が行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が出席した。セミファイナルのWBO世界フライ級王者・中谷潤人(M.T)と同級2位・山内涼太(角海老宝石)も登壇。決戦前の心境を明かした。戦績は24歳の中谷が22勝(17KO)、27歳の山内が8勝(7KO)1敗。

WBO世界フライ級王者の中谷潤人(右)と同級2位・山内涼太【写真:浜田洋平】
WBO世界フライ級王者の中谷潤人(右)と同級2位・山内涼太【写真:浜田洋平】

村田諒太VSゴロフキンの日本史上最大興行に参戦

 ボクシングのWBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦は、9日にさいたまスーパーアリーナで行われる。7日は都内のホテルで会見が行われ、WBAスーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が出席した。セミファイナルのWBO世界フライ級王者・中谷潤人(M.T)と同級2位・山内涼太(角海老宝石)も登壇。決戦前の心境を明かした。戦績は24歳の中谷が22勝(17KO)、27歳の山内が8勝(7KO)1敗。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ビッグマッチのセミファイナルへ、両者が胸を高ぶらせた。興行はPrime Videoで独占生配信。2度目の防衛を狙う王者・中谷は「177ラウンドのスパーリングを行うことができて、本当に充実した試合までの過程だった。すごくいいトレーニングができました。いつも通り、僕のボクシングをする。離れても良し、くっついても良しという対応力を引き出せる練習をした」と明かした。昨年末の予定から延期となり、長いラウンドのスパーの機会が増えたという。

 佳境に入った減量は順調。8日の前日計量後のリカバリーには、ウナギとオムライスを予定している。ここまで「感謝」の言葉を胸に調整してきた24歳。「凄く大きなイベントに出させていただける。たくさんの方々にサポートをしていただいた。感謝という言葉を届けられるボクシングにしたい。中谷潤人という名前を覚えてもらえるような熱い試合をしたい」と誓った。

 山内は世界初挑戦だ。「今までで一番充実した練習ができた。変わったことはしていない」と強調。「順調に体重も落ちている。明日、計量を終わって会長の雑炊を食べてリカバリーしたい」と明かした。観衆は最大1万6000人を予定。この日は多くの報道陣の前で緊張気味にマイクを握り、「こういう会見も今までやったことがなかったので、やっと(世界戦に)出させてもらえる実感が湧いてきた。より楽しんでやりたい。勝つことを大事にしたい」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集