[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ1年目・松木玖生の活躍に闘志 FC東京U-18、イギョラ杯制しプレミア開幕へ弾み

高校年代のサッカー親善大会「イギョラカップ」は、21日に味の素フィールド西が丘で決勝を行い、FC東京U-18が1-0で京都サンガF.C. U-18を破り、優勝を飾った。昨季まで育成部長を務め、今季から監督として指揮を執っているFC東京U-18の奥原崇監督は、「今年は、結果も内容も相手を上回れるように、日常のトレーニングをどうするかと選手も向き合っていて、少しずつ実を結びつつある」と手応えを語った。

「イギョラカップ」で優勝したFC東京U-18のメンバー
「イギョラカップ」で優勝したFC東京U-18のメンバー

決勝で京都U-18に1-0勝利、トップチームで躍動する大物ルーキーの存在に刺激

 高校年代のサッカー親善大会「イギョラカップ」は、21日に味の素フィールド西が丘で決勝を行い、FC東京U-18が1-0で京都サンガF.C. U-18を破り、優勝を飾った。昨季まで育成部長を務め、今季から監督として指揮を執っているFC東京U-18の奥原崇監督は、「今年は、結果も内容も相手を上回れるように、日常のトレーニングをどうするかと選手も向き合っていて、少しずつ実を結びつつある」と手応えを語った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 FC東京U-18は、4月からの公式戦で高校年代最高峰のプレミアリーグEASTを戦う。昨季は青森山田高校にタイトル獲得を許したが、2017年以来5年ぶりの優勝を狙う。奥原監督は「昨年の青森山田さんは素晴らしいチームでしたし、(主力だった)松木玖生選手は今、うちのトップチームで活躍しています。彼の活躍が嬉しい反面、アカデミー(FC東京の育成組織)の中から、高校を卒業してすぐにトップの試合に絡めるような選手を(育てる)ということは、僕らの一つの目標」と、U-18年代のライバルチームから自分たちのクラブのトップチームで活躍する若手選手が現れたことに刺激を受けていた。

 今大会の最優秀選手に選ばれた主将のMF土肥幹太(2年/学年はすべて3月時点の表記)も、「ほかのチームからではなく、自分たちFC東京のユースの中から、そういう(松木のような)選手が自分を含めてどんどん出ていくようにしたいので、ほかのチームに負けず、自分たちが優勝して(トップチームに)選ばれるようになりたい」と闘志を燃やした。

 タイトルを1つ獲り、有言実行に一歩近づいたが、課題も見られた。

 試合の立ち上がりは、京都U-18が優勢。前線のFW小山真生(2年)をターゲットにボールを集め、対人で強さを見せたMF平賀大空(2年)を中心に攻めてコーナーキックなどでゴールへ迫った。しかし、FC東京U-18は前半8分、左からの攻撃でDF伊藤ロミオ(1年)のクロスをFW熊田直紀(2年)が頭で合わせ、鮮やかに先制点を奪った。その後も前半は攻撃を多く見せたが、後半に入ると守勢に回り、カウンターで押し返したが、シュートは1本しか打てず。逆襲を受ける危険な場面もあり、1-0で逃げ切る形となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集