[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦は「makes lemonade out of lemons」 恩師が強さを表現した言葉の意味は?【スポーツ界の気になる英語】

世界で活躍する日本人が多くなった昨今、スポーツのあらゆる場面でも聞きなれない英語を耳にすることが増えた。そんな中、初心者でも日常会話で使えそうなフレーズ、慣用句やことわざなど、スポーツ界で実際に使われた英語を動画とともに紹介。今回は五輪連覇王者・羽生結弦のコーチが使った言葉だ。五輪公式サイトのインタビューで「makes lemonade out of lemons」というフレーズを使っていた。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

羽生結弦のコーチが使ったフレーズの意味とは

 世界で活躍する日本人が多くなった昨今、スポーツのあらゆる場面でも聞きなれない英語を耳にすることが増えた。そんな中、初心者でも日常会話で使えそうなフレーズ、慣用句やことわざなど、スポーツ界で実際に使われた英語を動画とともに紹介。今回は五輪連覇王者・羽生結弦のコーチが使った言葉だ。五輪公式サイトのインタビューで「makes lemonade out of lemons」というフレーズを使っていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2月4日に開幕する北京五輪で、男子シングル94年ぶりの3連覇を目指す羽生。コロナ禍では、トロントに拠点を置くコーチのブライアン・オーサー氏の下を離れて練習する時間が長くなっている。オーサー氏は、そんな中で調整を続ける羽生についてこう話している(一部抜粋)。

「ユヅは常にポジティブ。逆境を好転させられるんです(He makes lemonade out of lemons)」

「He makes lemonade out of lemons」というフレーズ。直訳すると「レモンからレモネードを作る」となる。苦く酸っぱいレモンを「逆境」「困難な状況」、甘く爽やかなレモネードを「ポジティブな状況」「好機」に置き換えたイディオムで、「逆境を好転する」「難しい状況からもポジティブな結果を出す」意味がある。怪我にも負けず、五輪連覇を成し遂げた羽生の強さのひとつかもしれない。

 ちなみに、「When life gives you lemons,make lemonade」という表現もあり、「たとえ逆境でも、好機に変える工夫をしよう」「ネガティブをポジティブに変えよう」という意味になる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集