[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平がまた快挙 シーズン半分で打ち立てたア・リーグ史上初の記録とは?

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のオリオールズ戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で2試合ぶりの29号本塁打を放つと、続く4回の第3打席では2打席連発となる30号を記録した。チームは8-7でサヨナラ勝ち。ここ5試合で6発と止まらない二刀流のスーパースターはア・リーグ史上最速記録を樹立し、米国で話題を集めている。

第2打席、右翼席中段へ29号本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第2打席、右翼席中段へ29号本塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

81試合で30発&10盗塁、ア・リーグ初、MLB3人目

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のオリオールズ戦に「2番・DH」で先発出場。3回の第2打席で2試合ぶりの29号本塁打を放つと、続く4回の第3打席では2打席連発となる30号を記録した。チームは8-7でサヨナラ勝ち。ここ5試合で6発と止まらない二刀流のスーパースターはア・リーグ史上最速記録を樹立し、米国で話題を集めている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 圧巻のパワーを見せつけた。大谷は1点差に迫った4回1死一塁、右腕テイトの甘く入ってきた96マイル(約154キロ)を高々と打ち上げた。今度は逆方向だ。3回の第2打席に続く、2打席連発の逆転30号2ラン。大谷はMVPコールが巻き起こる中、悠々とダイヤモンドを一周した。

 直近の5試合で6発と、無双状態の大谷はア・リーグの歴史にその名を刻んでいた。データを専門に扱う米スポーツテクノロジー会社「スタッツ・パフォーム」の米国スポーツ専門ツイッター「スタッツ・バイ・スタッツ」は「エンゼルスのショウヘイ・オオタニはシーズン81試合目で30本塁打、10盗塁に到達したア・リーグ史上最初の選手となった」と速報している。

 ナ・リーグでは1998年のサミー・ソーサ外野手と、2009年のカージナルス時代のアルバート・プホルス内野手の2人がちょうどシーズンの半分となる81試合時点で30本塁打、10盗塁を達成していたとも伝えているが、ア・リーグでは初の快挙だった。

 さらにエンゼルスのマット・バーチ広報担当は、大谷の最近15試合13本塁打という衝撃のアーチ量産が球団新記録になったとツイート。ア・リーグを含めても2007年4月のアレックス・ロドリゲス元内野手と並び、史上5人目のハイペースと伝えている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集