[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

移籍コストルナヤ、初練習で心拍数198に エテリ氏は猛特訓を厳命「3A跳び始めないと」

フィギュアスケートの2019年グランプリ(GP)ファイナル女王、アリョーナ・コストルナヤ。今季から指導を受けていたエフゲニー・プルシェンコ氏の下を離れ、昨季まで師事していたエテリ・トゥトベリーゼ氏の下へ復帰すると、地元メディアが報道した。ロシア国営放送は、移籍初日の練習の模様を紹介。負荷の強いトレーニングで息があがってしまった様子などが伝えられている。

アリョーナ・コストルナヤ【写真:Getty Images】
アリョーナ・コストルナヤ【写真:Getty Images】

移籍初日の様子を国営放送が報道

 フィギュアスケートの2019年グランプリ(GP)ファイナル女王、アリョーナ・コストルナヤ。今季から指導を受けていたエフゲニー・プルシェンコ氏の下を離れ、昨季まで師事していたエテリ・トゥトベリーゼ氏の下へ復帰すると、地元メディアが報道した。ロシア国営放送は、移籍初日の練習の模様を紹介。負荷の強いトレーニングで息があがってしまった様子などが伝えられている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 国営放送はまず、コストルナヤのコメントを紹介。17歳は「今季、プルシェンコ氏のアカデミーで練習していた時、私は自分自身に最後まで何かをすることを自分で強制できないことが分かりました。つまり、もしトゥトベリーゼ先生がそばにいたら、私は必要なだけ、さらにはそれ以上のことをしただろうというのが分かりました」と語っている。

 電撃移籍後、初めての練習に臨んだコストルナヤの様子について、同メディアは「アリョーナは集中して、コーチたちの一つ一つの言葉を捉えています。練習システムは彼女が以前からとてもよく知っていますが、体だけがこのような(激しい)負荷から遠ざかっていました」と伝えている。

 息を切らしながらトゥトベリーゼ氏の助言を聞く姿も映し出されたコストルナヤ。「基礎練習をやりました、そして私は(キツくて)死んでいました、なぜなら長い間、まさにそのようなテンポでその基礎練習をやっていなかったからです」と激しい練習を振り返っている。心拍数は198まで上昇したといい「私はその間、ずっと考えていました『ああ、もしこの基礎練習を耐え抜くことができたら、残りのすべてを耐え抜けるわ』と」と語っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集