[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

41歳内山高志が「うお゛!」と唸り声 “復帰戦”へ猛連打披露「現役時代の30%」

ボクシングのWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏がインスタグラムを更新。11日のチャリティーイベント「LEGEND」(東京・国立代々木競技場)に向けた練習動画を公開した。ミットに連打を繰り出すシーンとともに「スタミナと打つ感覚が少しずつ戻ってきた」「現役時代の30%くらい」とつづっている。

現役時代の内山高志氏【写真:Getty Images】
現役時代の内山高志氏【写真:Getty Images】

11日チャリティーイベントへ調整、鈍いミット音も凄い

 ボクシングのWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏がインスタグラムを更新。11日のチャリティーイベント「LEGEND」(東京・国立代々木競技場)に向けた練習動画を公開した。ミットに連打を繰り出すシーンとともに「スタミナと打つ感覚が少しずつ戻ってきた」「現役時代の30%くらい」とつづっている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 KOダイナマイトが唸り声を上げた。古巣のワタナベジムのリング。内山氏は小口忠寛トレーナーの構えるミットに拳を打ちつけた。強烈なワンツーから追撃のストレート。鈍いミット音を響かせながら小口氏を後退させた。ロープにもたれさせると、勢いは止まらない。ふざけた雰囲気で互いに笑いつつ、「うお゛!」と唸りながら防具をつけたボディーに連打を繰り出した。

 41歳らしからぬ動きを披露したが、「肩痛い」とげっそりした様子。小口氏に促され、再び強烈なワンツーを練習した。2016年12月の現役最終戦から4年。国内歴代3位の11戦連続防衛を果たした内山氏は、4回のスパーリング後にミット打ちしたようで「足と腕もキツいし、肺が破裂しそうに辛い」「毎回最後はバテバテだけど(笑) でもスタミナと打つ感覚が少しずつ戻ってきた! それでも現役時代の30%くらいかなぁ」などと投稿。引退後、2日連続の練習はしていなかったという。

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)らも参戦予定。3分×3回のスパーリング形式のエキシビションが予定されている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集