[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花は「シェルバコワの主要なライバル」 露メディアも“日露女王対決”に注目

フィギュアスケートの全日本選手権は27日、長野・ビッグハットで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった紀平梨花(トヨタ自動車)が154.90点、計234.24点をマークし、2度目の優勝を連覇で飾った。安藤美姫以来17年ぶりとなる日本女子2人目の4回転ジャンプに成功した18歳にフィギュア大国ロシアメディアも注目。ロシア選手権で3連覇を飾ったシェルバコワのライバルになると注目している。

紀平梨花(写真は昨年のもの)【写真:Getty Images】
紀平梨花(写真は昨年のもの)【写真:Getty Images】

ライバル国メディアが特集「キヒラは唯一無二のチャンピオンに」

 フィギュアスケートの全日本選手権は27日、長野・ビッグハットで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった紀平梨花(トヨタ自動車)が154.90点、計234.24点をマークし、2度目の優勝を連覇で飾った。安藤美姫以来17年ぶりとなる日本女子2人目の4回転ジャンプに成功した18歳にフィギュア大国ロシアメディアも注目。ロシア選手権で3連覇を飾ったシェルバコワのライバルになると注目している。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 3回転アクセルに続き、4回転サルコーという新たな武器を手にした紀平。代表に内定した世界選手権(スウェーデン)でもメダル候補として脚光を浴びている。

 キラ星のごとく新星が登場するロシアとっても、紀平の存在は脅威のようだ。ロシアメディア「sportsdaily.ru」では「キヒラ――2021年世界選手権におけるシェルバコワの主要なライバル」と題した記事で特集を組んでいる。

「彼女は唯一無二の達成とともに日本のチャンピオンになった」。こんな書き出しで始まった特集では、ロシア選手権と同じタイミングで行われていた、全日本選手権の結果にも注目していた。

「同じ期間に2つの重要なフィギュアスケートの国の選手権が行われた。一番強いスケーターがロシアだけではなく、日本でも決定した」とし、過去10年世界選手権の女子シングルで両国がいかに多くのメダルを獲得したかに触れている。

1位ロシア(9個、金4、銀2、銅3)
2位日本(8個、金3、銀2、銅3)

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集