[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「エモすぎ」 紀平梨花、氷上での“片手側転”に残る余韻「身体能力の高さに驚くばかり」

フィギュアスケートの全日本選手権は27日、長野・ビッグハットで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった紀平梨花(トヨタ自動車)が154.90、計234.24点をマークし、2度目の優勝を連覇で飾った。フリーでは日本女子2人目の4回転ジャンプに成功。喝采を浴びたが、SPでは氷上で片手側転を披露。珍しいスキルにSNS上では驚きの声が上がっていたが、さらに反響が拡大している。

紀平梨花(写真は昨年のもの)【写真:Getty Images】
紀平梨花(写真は昨年のもの)【写真:Getty Images】

フリーでは4回転、SPでは珍しい片手側転を披露

 フィギュアスケートの全日本選手権は27日、長野・ビッグハットで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった紀平梨花(トヨタ自動車)が154.90、計234.24点をマークし、2度目の優勝を連覇で飾った。フリーでは日本女子2人目の4回転ジャンプに成功。喝采を浴びたが、SPでは氷上で片手側転を披露。珍しいスキルにSNS上では驚きの声が上がっていたが、さらに反響が拡大している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 フリーでの4回転サルコー以上の驚きだったかもしれない。SPでは冒頭の3回転アクセルを成功させるなど、安定した演技を披露していた紀平。その終盤だ。ビールマンスピンからステップにつなぐ場面、さっと左手を氷につくと、その腕一本で体を支え、綺麗に側転を見せた。事前から注目されていた片手側転を見事に成功。フィギュアスケートでは珍しいシーンに会場からも拍手が起きていた。

 このシーンにネット上では「インパクトが凄すぎる」などと声が上がり、米名物記者のジャッキー・ウォン氏もプログラムをレポートする中で「片手側転はクールでした」と評していた。

 SPから3日が経過したが、SNS上ファンからはなお「紀平さんのショートの片手側転は凄かった」「身体能力の高さに驚くばかり」「エモすぎる」「次はバク転?」などの声が上がっている。

 またフリーでの4回転サルコー成功も含めて披露した演技は海外ファンにも称賛が拡大。「彼女のプログラム大好き。世界選手権でより洗練されたものを見るのが楽しみ」「リカ・キヒラによる、4回転サルコー含む衝撃的なパフォーマンス」「何て素敵なプログラムなんだ! リカ・キヒラは至宝」「リカ・キヒラ、魅了された。全て整っており、美しかった」などとツイッター上が盛り上がっている。

 今季初戦で披露した演技の余韻はしばらく残りそうだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集