[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

阿部一二三が振り返った24分間 「想定内」だった死闘「状況を見た中での技だった」

柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、23歳の阿部一二三(パーク24)が27歳の丸山城志郎(ミキハウス)に24分の死闘の末、優勢勝ち(大内刈り)した。日本柔道初のワンマッチ方式で激突した新旧世界王者。男女14階級で唯一日本代表が決まっていなかった階級で、阿部が歴史的ライバル対決を制し、五輪初切符を手にした。ともに金メダル候補とされた2人の対戦成績は4勝4敗。

24分の死闘の末、丸山城志郎を下した阿部一二三【写真:全日本柔道連盟提供】
24分の死闘の末、丸山城志郎を下した阿部一二三【写真:全日本柔道連盟提供】

異例の試合で成長実感「誰もが経験したことがないような試合を経験した」

 柔道男子66キロ級の東京五輪代表決定戦が13日、東京・講道館で行われ、23歳の阿部一二三(パーク24)が27歳の丸山城志郎(ミキハウス)に24分の死闘の末、優勢勝ち(大内刈り)した。日本柔道初のワンマッチ方式で激突した新旧世界王者。男女14階級で唯一日本代表が決まっていなかった階級で、阿部が歴史的ライバル対決を制し、五輪初切符を手にした。ともに金メダル候補とされた2人の対戦成績は4勝4敗。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 永遠に続くかのように思えた激闘の決着は延長20分だった。阿部が大内刈りを仕掛けたシーンが技ありに。魂をぶつけ合い、本戦を合わせておよそ24分の超死闘を制し、五輪代表の座を奪い取った。阿部は決着直後から顔をくしゃくしゃにして涙。激闘から約1時間後、24分に及んだことについて会見でこう言葉を並べた。

「これだけ長くなるとは思っていなかったというか、長くなることも頭に入れていましたし、想定外ではなかった。どれだけ長くなっても集中力を切らさずにやることを考えてやった。冷静に自分の柔道ができたことが一番大きかったと思います。(決着シーンは)相手がひるんで返しに来たところで決められた。自分の中で想定内というか、しっかり状況を見た中での技だったかなと思います」

 丸山とは過去7戦のうち6度延長に突入するほどの強烈なライバル関係。異例の長さとなった死闘も「想定外ではない」と言い切った。過去の対戦からライバルを研究し「試合の中で想定外というか、こういうことをやってくるんだなというのはあまりなかった」と重ねに重ねた対策でうまく対応。「ワンマッチと正式に決まってから、やり切るしかないと思っていた。自分の持っているものをすべて出し切ると考えて今日までやってきました」と胸を張った。

 4月の全日本選抜体重別選手権大会で決着予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会延期に。代替とされた12月のGS東京大会も中止となり、無観客試合で異例の一発勝負の選考となった。阿部の妹・詩(日体大)は女子52キロ級で代表に内定しており、兄妹同時出場となる。

「この試合を通して自分自身、今までの自分よりもさらに強くなれた。このようなワンマッチ、緊張感のある試合、誰もが経験したことがないような試合を経験した。これをしっかり五輪に生かしていきたい」

 一回りも二回りも強さを増した23歳が、日本柔道の誇りを持って五輪に向かう。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集