[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳シェルバコワ、衝撃の246.40点Vに露メディア絶賛「もう今季終了でいいのでは?」

フィギュアスケートのロシア杯第1戦は20日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のアンナ・シェルバコワが全体1位となる164.27点をマーク。合計246.40点という圧巻のスコアで優勝を飾った。新たな衣装で臨み、見せつけた演技について、母国のロシアメディアも「もう今季終了でもいいのでは?」「どう彼女と戦うというのだ!?」と絶賛している。

アンナ・シェルバコワ【写真:Getty Images】
アンナ・シェルバコワ【写真:Getty Images】

ロシア杯第1戦で圧勝、「シェルバコワに勝つことは非現実的」の声

 フィギュアスケートのロシア杯第1戦は20日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のアンナ・シェルバコワが全体1位となる164.27点をマーク。合計246.40点という圧巻のスコアで優勝を飾った。新たな衣装で臨み、見せつけた演技について、母国のロシアメディアも「もう今季終了でもいいのでは?」「どう彼女と戦うというのだ!?」と絶賛している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 まさに圧巻だった。4回転フリップを決めるなど、持ち前のジャンプで加点を引き出し、合計246.40点をマークしたシェルバコワ。淡いグレーを基調として煌びやかなスパンコールが散りばめられた新衣装も目を引き、演技を一層引き立たせた。圧倒的なポテンシャルを見せつけた16歳について、露メディアの「championat.com」はこんな見出しを打って特集している。

「フィギュアスケートのシーズンを終わってもいいのではないか? シェルバコワに勝つことは単純に非現実的なようだ!」

 抜きん出た実力を表現した記事では「アンナは1週間ですっかりプログラムを作り直し、4回転ジャンプを取り戻した。どうやって彼女と戦うというのだ!?」とのサブタイトルもつけられ、1週前に行われたテストスケートから修正した演技を称賛している。

「2020年はもちろんファンタスティックなシナリオが豊かではあるが、誰にでも限界がある。アンナ・シェルバコワはロシア杯第1戦で負ける可能性は全くなかった。もしテストスケートの後、1週間、まったくリンクにでなかったとしても、負けなかっただろう。だが、アーニャ(シェルバコワの愛称)は練習で力が尽きるまで努力し、フリーの内容を変更することにさえ間に合わせた」

 テストスケートでは4回転ルッツで転倒したことにも言及。「アーニャは外見上は変わらぬ不屈の性格を持つほっそりした少女だったが、一方で彼女はシーズンオフの間に明らかに体が成長していた」と指摘しながら「トゥトベリーゼチーム自身が緊急体制でフリープログラムをすっかり作り直してしまった」と立て直したチームの手腕を評価している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集