[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中将大、“咆哮のエース”が見せた熱投に米感嘆「ずっと待ち望んでいたピッチング」

米大リーグのア・リーグ優勝決定シリーズは18日(日本時間19日)、ヤンキースの田中将大投手がアストロズとの第5戦に先発。7回3安打8奪三振無失点でポストシーズン2勝目。5回の1死一、二塁の場面では、連続三振を奪ってピンチをしのぎ、マウンド上で雄叫びを上げた。チームをワールドシリーズ王手に導く熱投に、米紙「ニューヨーク・デイリーニュース」は「ついに待ち望んでいたピッチングを披露している」と脚光を当てている。

5回のピンチで連続三振、アストロズの攻撃の芽を摘み、マウンド上で何度も雄叫び

 米大リーグのア・リーグ優勝決定シリーズは18日(日本時間19日)、ヤンキースの田中将大投手がアストロズとの第5戦に先発。7回3安打8奪三振無失点でポストシーズン2勝目。5回の1死一、二塁の場面では、連続三振を奪ってピンチをしのぎ、マウンド上で雄叫びを上げた。チームをワールドシリーズ王手に導く熱投に、米紙「ニューヨーク・デイリーニュース」は「ついに待ち望んでいたピッチングを披露している」と脚光を当てている。

 2-0で迎えた5回、先頭打者のカルロス・ベルトランから三振を奪った後、安打と四球で一、二塁のピンチを招いた。しかし、ここで田中のスイッチが入る。ジョージ・スプリンガーを外角の速球で見逃し三振に打ち取ると、続くジョシュ・レディックも切れ味鋭いスプリットで空振り三振。アストロズの攻撃の芽を摘み、マウンド上で何度も吼えた。

 6回、7回は三者凡退に打ち取り、強打のアストロズ相手に7回3安打8奪三振無失点。ポストシーズン2勝目をマークし、8年ぶりのワールドシリーズ進出へと王手をかけるエースの仕事を果たした右腕を米メディアも絶賛した。

 地元ニューヨークの「ニューヨーク・デイリーニュース」紙は、「マサヒロ・タナカはついにヤンキースがずっと待ち望んでいたピッチングを披露している」と特集。今季レギュラーシーズンは13勝12敗、防御率4.74と好不調の波が激しかったが、ポストシーズンに入って3試合で2勝1敗、防御率0.90と圧巻の投球に賛辞を送った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集