[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】羽生結弦、海外感動を呼んだ五輪連覇後の“美しきスポーツマンシップ”とは

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回は2018年2月のフィギュアスケート・羽生結弦(ANA)が平昌五輪で見せた“美しきスポーツマンシップ”。66年ぶり連覇の快挙達成後、リンクサイドで繰り広げられたシーンが話題を呼び、間近で撮影していたブライアン・オーサー氏の写真が感動を沸き起こした。

2018年2月の平昌五輪で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(中央)【写真:Getty Images】
2018年2月の平昌五輪で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(中央)【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―羽生結弦、平昌五輪舞台裏の1枚

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回は2018年2月のフィギュアスケート・羽生結弦(ANA)が平昌五輪で見せた“美しきスポーツマンシップ”。66年ぶり連覇の快挙達成後、リンクサイドで繰り広げられたシーンが話題を呼び、間近で撮影していたブライアン・オーサー氏の写真が感動を沸き起こした。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理インタビュー(GROWINGへ)

 2018年のスポーツ界屈指の名シーンと言っていいだろう。舞台は2月の平昌五輪、江陵アイスアリーナ。男子シングルで羽生が右足首の故障を乗り越え、感動の66年ぶり連覇を達成した直後のリンクサイドだった。

 優勝した羽生とともに銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)、銅メダルのハビエル・フェルナンデス(スペイン)のメダリスト3人が輪を作るように立ち、互いに肩に手を置いて声を掛け合っている。そして、羽生は時折、目元を押さえるよう感極まった面持ちを見せ、抱擁を交わした。金メダルを争った3人が称え合う、なんとも美しいシーンだった。

 米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は「男子のメダリストたちによる、素晴らしきスポーツマンシップの光景」と公式ツイッターで紹介。実はこの時、最も近くにいた一人が羽生とフェルナンデスを指導するオーサー氏だった。教え子の微笑ましいシーンにいてもたってもいられなかったのだろう。背伸びをするように自身のスマホで撮影していた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集