[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花V2、米国の3回転アクセル名手が「なんてことなの!」と驚いたジャンプとは

フィギュアスケートの4大陸選手権は8日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が151.16点、合計232.34点をマークし、男女通じて初の大会連覇を達成した。前半で3回転アクセルが抜けるミスがありながら、後半に怒涛のリカバリーを発揮。紀平と同じ3回転アクセルを跳ぶ米名手は「なんてことなの!」と驚いている。

紀平梨花【写真:AP】
紀平梨花【写真:AP】

長洲未来が演技終盤の巻き返しに驚き「3回転―3回転をやってのけた」

 フィギュアスケートの4大陸選手権は8日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が151.16点、合計232.34点をマークし、男女通じて初の大会連覇を達成した。前半で3回転アクセルが抜けるミスがありながら、後半に怒涛のリカバリーを発揮。紀平と同じ3回転アクセルを跳ぶ米名手は「なんてことなの!」と驚いている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 時計の針が進むほど、紀平は加速していった。冒頭で3回転サルコーを選択して決め、続く3回転アクセルが抜けてシングルになるミス。しかし、紀平の逆襲はここからだ。3回転ルッツを口火に、以降は3回転アクセル―2回転トウループ、後半には3回転フリップ―3回転トウループ―2回転トウループ、3回転フリップ―3回転トウループと怒涛のリカバリーを見せた。

 終わってみれば、フリーも1位となる151.16点をマークし、男女通じて初の連覇を達成した紀平。圧巻の演技に反応したのは長洲未来だった。自身のツイッターで「なんてことでしょう! リカはプログラムの最後のエレメンツで3回転―3回転をやってのけた…」と拍手の絵文字とともに称えた。

 日本人の両親を持つ長洲といえば14歳の若さで全米選手権を制し、平昌大会で五輪史上3人目となる3回転アクセルを成功させた実力の持ち主。実際に跳ぶ難しさを身をもって知っているからこそ、3回転アクセルを序盤で成功させてなお、演技後半に連続3回転を組み込んだ紀平に対しての驚きは人一倍、大きい様子だった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集