[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米柔道界に初の五輪金メダルをもたらした柔道家 その進化の要因とは

「JUDO」という競技が国際化し、世界の国々がメダル数を増やす中で、ハリソンは「寝技」で自身のスタイルを確立していったようだ。

20160720_harrison

ロンドンで米柔道界初の金メダル、リオでも飛躍見据えるハリソン

 かねてから「日本のお家芸」と言われてきた柔道だが、4年前のロンドン五輪では金メダルわずか「1」という屈辱を味わった。男子の金はゼロ。女子57キロ級で松本薫が頂点に立ったのが唯一だった。

 日本勢がそんな歴史的惨敗を喫する裏で、初の金メダルを手にした国があった。アメリカである。女子78キロ級でケイラ・ハリソンが世界一に輝き、同国に初の栄冠をもたらした。以来、4年が経ち、リオデジャネイロ五輪が迫る中で、米高級紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙がいかにして同選手が進化したかについて特集している。

「JUDO」という競技が国際化し、世界の国々がメダル数を増やす中で、ハリソンは「寝技」で自身のスタイルを確立していったようだ。

「私は世界中でとても多くのトレーニングキャンプを組んできたし、寝技の乱取り、すなわちスパーリングを3ラウンドにわたって行なってきたんです。他の人たちが立ち技での乱取りを10ラウンドこなしている時にです」

 26歳の金メダリストは記事の中でそう語っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集