[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【アジア大会ライター取材日記】インドネシアの国技の底力 響いた「ヤァ」「ブゥ」

「ヤァ」、「ブゥ」といった掛け声も、ラリー時の雰囲気を生み出す【写真:平野貴也】
「ヤァ」、「ブゥ」といった掛け声も、ラリー時の雰囲気を生み出す【写真:平野貴也】

山口茜「相手のスタイルに、会場の応援が合っていて、勢いが増した」

 1日目、2日目の取材日記にも書いたとおり、アジア大会は競技によって重要度が違います。バドミントンは、中国をはじめとするアジア勢が強く、五輪や世界選手権より権威は落ちますが、競技大会としては世界トップレベルで、各国フルメンバー。山口選手の相手も格下とはいえ、2017年の世界ジュニア選手権を優勝し、19歳で世界ランク22位と可能性を秘めた選手です。ちょっとしたきっかけがあれば、実力差を埋めることは可能なレベルです。山口選手は「相手は、ラリー勝負より、キレのあるショットやパワーが武器で、勢いで勝負するスタイル。相手のスタイルに、会場の応援が合っていて、勢いが増したのかなと思います」と悔しい一戦を振り返りました。ただ、日本の総合力は高く、その後は連勝し、3-1の逆転勝ちで決勝進出を決めました。ナイトゲームだった男子も、昼の倍ほどに膨れ上がった相手の大声援に苦戦、こちらは1-3で敗れてしまいました。22日の決勝で、女子は、1970年のバンコク大会以来48年ぶり3度目の優勝を狙います。

コパ・アメリカを観るならDAZN! 全試合独占、初月無料キャンペーン実施中!

 それにしても、交通整理のようにホイッスルがけたたましく鳴り響き、大歓声を送るインドネシアの観衆が生み出す雰囲気は、別格でした。同じ競技でも違う国で見ると、異なる光景が広がっているものです。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集