[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「シュートのたびに吐き気が」― 日本屈指の名シューターがバスケを楽しめなかった理由

日本の部活動の在り方を考える「THE ANSWER」の連載「ニッポン部活考論」。今回は元バスケットボール日本代表の渡邉拓馬。一度は現役を退いたが、2018年から3人制バスケ「3×3」(スリーバイスリー)で再びコートに戻ってきた。来年の東京五輪から新種目に採用された3人制で夢の舞台を志す40歳は、競技者としての一方でジュニアへの指導にも力を注いでいる。自身のキャリアを振り返りつつ、自らの“指導論”を語った。

東京五輪で採用された「3×3」で再び現役に戻ってきた渡邉拓馬【写真:松橋晶子】
東京五輪で採用された「3×3」で再び現役に戻ってきた渡邉拓馬【写真:松橋晶子】

連載「ニッポン部活考論」―元日本代表の名シューターが語る“指導論”

 日本の部活動の在り方を考える「THE ANSWER」の連載「ニッポン部活考論」。今回は元バスケットボール日本代表の渡邉拓馬。一度は現役を退いたが、2018年から3人制バスケ「3×3」(スリーバイスリー)で再びコートに戻ってきた。来年の東京五輪から新種目に採用された3人制で夢の舞台を志す40歳は、競技者としての一方でジュニアへの指導にも力を注いでいる。自身のキャリアを振り返りつつ、自らの“指導論”を語った。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 5人制時代は名シューターとしてならした渡邊。39歳にして「3×3」で現役に復帰し、東京五輪を目指す中で、これまでのバスケ人生を振り返った。それは常に重圧との戦いだったという。

「本格的にバスケを始めたのは小2からです。両親がミニバスのコーチで、最初は体育館に連れていかれたところから。そこからはずっと、小学校時代は厳しかった。親を納得させるプレーができたのは、中学の途中くらいまではなかったかもしれません。思うようにプレーできなかったし、褒められるようなこともなかった。小学校時代はつらい思い出ばかりです」

 こう語り苦笑いする渡邉。厳しい親元でスタートさせたバスケ人生。数年間は「出ては怒られの繰り返し」だったと振り返る。特に厳しかったのは父だった。

「プレーよりも私生活とか挨拶、礼儀、コート上の態度。そういうところが厳しかった。ある時に、不貞腐れた態度をとるとめちゃくちゃ怒られた。小学校の時ですが、今でも鮮明に覚えていますね」

 それでも続けられたのは、子どもながらに感じた“バスケのもつ魅力”だった。

「中学校の2年生くらいから少しずつイメージ通りのプレーができるようになって、楽しさを覚えた。バスケってワンパターンなプレーがない。毎回違う、多彩さに惹かれていった。自分のプレーでスタンドが歓声を上げてくれたり、感動してくれたり、子どもながらに感じました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集