[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

9回に7得点…超効率練習が生んだ松陽の逆転劇 唯一2年生スタメン、山本樹が決勝打「人生で一番」

第106回全国高校野球選手権・神奈川大会は9日、サーティーフォー相模原球場で2回戦を行い、松陽が8-3で東に勝利、昨夏に続き3回戦に進出した。1-3で迎えた9回に、一挙7点を奪って大逆転。「1番・遊撃」で出場し、決勝の3点二塁打を放った山本樹は唯一の2年生スタメン。3年生との夏を先につなぐ逆転打の裏には、日ごろから取り組む“超効率練習”があった。

9回1死満塁から走者一掃の決勝二塁打を放った松陽・山本樹【写真:山野邊佳穂】
9回1死満塁から走者一掃の決勝二塁打を放った松陽・山本樹【写真:山野邊佳穂】

第106回全国高校野球選手権・神奈川大会

 第106回全国高校野球選手権・神奈川大会は9日、サーティーフォー相模原球場で2回戦を行い、松陽が8-3で東に勝利、昨夏に続き3回戦に進出した。1-3で迎えた9回に、一挙7点を奪って大逆転。「1番・遊撃」で出場し、決勝の3点二塁打を放った山本樹は唯一の2年生スタメン。3年生との夏を先につなぐ逆転打の裏には、日ごろから取り組む“超効率練習”があった。

 先輩との夏はまだ終わらせない――。2点を追う9回1死満塁。山本が3球目、内角高めの直球を豪快に引っ張ると、打球は左翼手の頭上を越えた。走者一掃の決勝二塁打を打てたのは「緊張したけど『先輩たちと長くやりたい』という気持ちが強かった」から。チームを勝利へ導く一打を「人生で1番良かった」と表現した。

 そして土壇場でのつながりを生んだのが、超効率練習だ。平日の練習は放課後の2時間半に限られる。この中で効率をいかに高めるかを考えて練習してきた。打撃練習では3人のピッチャーが並んで投球し、打者も3人一緒に打つ。さらにその生きた打球を野手が捕球し、守備練習にもする。練習と実戦の垣根をなくすべく取り組んできた。

 土壇場で発揮した集中力と、根は同じだ。9回は山本の決勝打の後も打線がつながり、実に打者10人で7点をもぎ取る猛攻。山本も「日頃から、短い時間で集中して練習しているという部分が出たのかな」とうなずいた。

 2年生で唯一スタメンに名を連ねた山本は、逆転打を放ちベンチに戻ると「さすがだな」と先輩たちにも褒められた。4回戦まで戦った昨夏に続く3回戦進出にも「最終的な目標は決まっていない。1戦1戦勝っていきたい」と気を引き締める山本。また勝負強さを発揮する場面がきっとあるはずだ。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集