[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「迷宮入り、それもいい」 国学院久我山がイチロー氏に学んだ“悩むこと”の必要性

第94回センバツ高校野球大会(3月18日開幕・甲子園)に出場する32校が28日に発表され、国学院久我山(東京)は11年ぶり4度目の出場が決まった。メジャーリーグで活躍したイチロー氏から、昨年11月に2日間の直接指導を受けたが、部にとってはその全てが財産。尾崎直輝監督、上田太陽主将(2年)は特に「悩んでもいい」という教えに揃って感銘を受けていた。

11年ぶり4度目の出場となる国学院久我山がセンバツ優勝を目指す【写真:中戸川知世】
11年ぶり4度目の出場となる国学院久我山がセンバツ優勝を目指す【写真:中戸川知世】

イチロー氏の指導受けた国学院久我山、11年ぶり4度目のセンバツ出場

 第94回センバツ高校野球大会(3月18日開幕・甲子園)に出場する32校が28日に発表され、国学院久我山(東京)は11年ぶり4度目の出場が決まった。メジャーリーグで活躍したイチロー氏から、昨年11月に2日間の直接指導を受けたが、部にとってはその全てが財産。尾崎直輝監督、上田太陽主将(2年)は特に「悩んでもいい」という教えに揃って感銘を受けていた。

 日米通算4367安打、10年連続200安打など輝かしいキャリアを誇るイチロー氏。2020年に当時の2年生が手紙を送り、昨年11月に国学院久我山での直接指導が実現した。尾崎監督は「目から鱗。心技体全てでアドバイスを頂いた」と当時を振り返った。

 最初の指導は走塁面。地面と足が設置する場所、股関節の動かし方、腕の振り方など事細かにコツを伝えられた。「自分たちがやってきたものと差があった。別もの」と驚いた上田主将は、続く打撃指導でより心を揺さぶられた。

 主に3番打者を務めた秋季大会は、思うように結果が出なかった。周りの目を気にして悩みがちな性格。メンタル面についてイチロー氏に問うと「考えたり、悩んだりしてもいい」と真剣に説いてくれた。尾崎監督は意図についてこう語る。

「子供たちは賢いから、考えて工夫する。上手くいかないこともあるけれど、そうやって挑戦することこそが大事だと。上手くいかなかったときに、やり続ける継続力、壁にぶつかったときに新しいやり方を生み出す想像力が必要だよねとおっしゃられた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集