[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBCで対戦国すら驚いた大谷翔平の衝撃 「韓国代表が手を…」試合前に起きていた珍光景

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の東京プールは16日に行われた準々決勝の日本―イタリア戦で終了。日本代表・侍ジャパンの大谷翔平投手(エンゼルス)が参戦して空前の盛り上がりを見せたが、グラウンド内外でさまざまな名場面や話題になったトピックを迎えた。日本が戦う20日(日本時間21日)に準決勝の決戦ムードを盛り上げるべく、その出来事を振り返る。今回は大谷翔平投手(エンゼルス)が国際舞台で示した影響力。

侍ジャパンの大谷翔平【写真:Getty Images】
侍ジャパンの大谷翔平【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の東京プールは16日に行われた準々決勝の日本―イタリア戦で終了。日本代表・侍ジャパンの大谷翔平投手(エンゼルス)が参戦して空前の盛り上がりを見せたが、グラウンド内外でさまざまな名場面や話題になったトピックを迎えた。日本が戦う20日(日本時間21日)に準決勝の決戦ムードを盛り上げるべく、その出来事を振り返る。今回は大谷翔平投手(エンゼルス)が国際舞台で示した影響力。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 日本中がこの男の躍動を待っていた。大谷は9日の1次ラウンド・中国戦で“開幕投手”を務め、4回無失点。さらに12日の同・豪州戦では東京ドーム右翼席の上部にある看板、それも自身の顔が映った「セールスフォース」に直撃させる特大3ランを放ち、衝撃を与えた。米国行きをかけた勝負の準々決勝・イタリア戦で再び先発し、5回途中2失点の力投。意表を突くセーフティーバントで驚かせた。打って16打数7安打で打率.438、1本塁打、8打点、投げて2勝0敗を誇る。

 特徴的だったのは、対戦相手すら魅了されていたこと。とりわけ試合前の打撃練習はあまりの飛距離に侍ナインはおろか、今から試合を行う対戦国までポカン。10日の韓国戦も同様のことが起こり、その模様を見たMLB公式のマイケル・クレア記者は「韓国代表はショウヘイ・オオタニの打撃練習を見るために、文字通りウォームアップの手を止めていた。そこらのホームランヒッターでは起きないことだ」とツイートしたほどだった。

 そして、初出場のチェコ戦では微笑ましいシーンも続々。別の職業と掛け持ちしながらプレーしている選手が多いチェコ代表とあって、メジャーリーグMVPを獲得した大谷に対して塁上でにこやかに話しかけたり、大谷から三振を奪った投手が記念球をゲットしたり。14日には選手たちの日本代表の練習を訪れ、大谷と対面。チェコ代表のサイン入りユニホームを大谷に贈り、17日に米マイアミ入りした際に大谷はチェコ代表のキャップを被って現れ、微笑ましい国際交流もあった。

 メジャーリーグでベーブ・ルースを超える二刀流で活躍する大谷。国際大会であるWBCでその影響力がまざまざと浮き彫りになっている。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集