[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「怒ってた」「珍しく睨んだ」 あわや死球の韓国左腕にファンも怒りの声

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は10日、1次ラウンド第2戦(東京ドーム)で韓国に13-4で大勝した。この試合で大谷翔平投手は3打数2安打1打点。相手投手に危険なボールを投げられ、視線を送る場面もあった。この場面は米データ分析会社も動画で紹介したほか、ツイッター上のファンからも「怒る大谷さん」「珍しく睨んでましたね」などと反響が集まっていた。

侍ジャパンの大谷翔平【写真:ロイター】
侍ジャパンの大谷翔平【写真:ロイター】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は10日、1次ラウンド第2戦(東京ドーム)で韓国に13-4で大勝した。この試合で大谷翔平投手は3打数2安打1打点。相手投手に危険なボールを投げられ、視線を送る場面もあった。この場面は米データ分析会社も動画で紹介したほか、ツイッター上のファンからも「怒る大谷さん」「珍しく睨んでましたね」などと反響が集まっていた。

【注目】鉄人・鳥谷敬が『チアスタ!』に挑戦 社会貢献「レッドバードプロジェクト」で募る応援

 12-4と大差がついた7回2死二、三塁の打席。フルカウントから、韓国の左腕イ・ウィリの投球は内角へ。避けなければ腰に当たっていたかという投球で四球となった。大谷は声を出しながら腰を引き、ウィリの方へ視線を送るような姿も見せたが、程なくして一塁へ向かっていった。

 このシーンには米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターが動画とともに注目したほか、日本のファンからも「怒る大谷さん」「珍しく睨んでましたね」「珍しく怒ってる風に見えた」などと反応があった。また、この試合でヌートバーには背中に死球を当てている事からも「完全に当てに行ってる」「ヤケクソの内角攻め」などと怒りの声も書き込まれていた。

 なお、怒りの表情を見せたヌートバーは、試合後のヒーローインタビューで「凝ってたところにぶつかってほぐれたので、ちょうどよかった」とジョークを飛ばし、観客を笑わせていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS-ACADEMY
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子が使うワコールのスポーツ用ショーツ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集