[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

冬に食べる機会が増えるお餅 やっぱり、ご飯より太るんですか?(主婦)

質問者 主婦

 冬になると雑煮やぜんざいにして食べる機会が多いお餅。ご飯より太るって聞いたのですが、本当ですか?

回答者 橋本玲子氏(公認スポーツ栄養士)

 “餅は太る”とウワサされる理由の一つは、血糖値が上がりやすいというイメージからきているのではないでしょうか。日本人の血糖値上昇指数(GI値)からみると、餅は血糖値の上昇スピードが高い“高GI値”のグループに分類されます。一般的に空腹時にいきなりGI値の高い食品を食べると、血中の糖分が脂肪として体に蓄積されやすくなります。

 ただし、餅と白米のGI値はほぼ一緒。ご飯よりも太りやすい、とは言えません。もう一つ考えられるのは、餅のほうがつい量を食べてしまう、ということ。白米が飯茶碗1杯(120g)あたり201kcalに対して、切り餅は1切れ(50g)117kcal。1個では物足りなくて、つい2個、3個食べてしまうのであれば、確かにご飯よりも少しカロリーは多くなってしまいます。

 とはいえ、毎日、毎食、餅を2個、3個と食べ続けなければ、大丈夫。以上のことから、“餅だから太る”というのは単なるイメージといえます。

 ただ、高GI食品ではあるので、気になる方は食べ方を工夫しましょう。雑煮であれば、ご飯を食べるときと同様、野菜の具から食べて「野菜ファースト」を心掛けて。また、餅は柔らかいのでよく噛まずに飲み込みがちです。しっかり噛んでゆっくりと食べれば、満腹中枢を刺激し、食べすぎ防止にもなります。

 甘い汁粉やぜんざいは小豆の食物繊維を含むため、実は“低GI値”のグループに入ります。ただし、砂糖がたっぷり入っているので、1杯300~350kcalとカロリーは高め。入れる餅は1個だけと決める、少量でも満足感を得られるようゆっくり食べるなど、とにかく食べすぎに注意しましょう。

 とはいえ、小豆の入った汁粉やぜんざいは、洋菓子に比べると脂質が少ないうえ、温かく、エネルギーとタンパク質を同時に摂れます。食べる量や頻度さえ気を付ければ、体が冷えて、エネルギーを消耗しやすい冬には、子どもも大人にも、おすすめのおやつです。

※血糖値の出典は「日本Glycemic Index研究会」

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)、車いすバトミントン選手の栄養アドバイザーとして、トップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、未来のアスリートを目指すジュニア世代と保護者に向けて、健康なこころとからだを育むための食育活動なども行っている。

URL:http://food-connection.jp/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集