[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“女子2トップ”は順当通過、30歳・野口啓代「きつい」 8位・野中生萌「ギリギリ」

野中はボーダーラインの8位通過に興奮「あ~、もう最高です!」

 女子の若きエース・野中生萌(みほう・XFLAG)は、スピードの1回目に開始直後のホールド(突起物)をつかみ切れずに落下。会場からため息が漏れたが、2回目は8秒994の5位で登り切り、安堵の笑みを浮かべた。8秒432の日本記録保持者の意地を見せると、ボルダリングでも実力を発揮した。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 1課題目を登り切ると、両手でホールドにぶら下がったまま観客の方を向いて歓喜の雄叫び。第3課題は約1分20秒で片づけ、4課題中3つを完登するパワフルさを見せ6位となった。リードでは一つ一つ着実に高度を上げたが、終盤で落下して14位。総合8位とボーダーラインでなんとか決勝に進んだ。

 取材エリアでは第一声から喜びを爆発させた。「あ~、もう最高です! 凄く嬉しいです! 9位の選手と同ポイントですし、本当に、本当にギリギリ」と安堵の笑みを浮かべ、「急激によくなることはない」という両肩の痛みを抱えながらも乗り切った。

 15歳・森秋彩(あい・茨城県連盟)が5位、17歳・伊藤ふたば(TEAM au)も6位で通過するなど、若手が躍進する中で日本の“2トップ”も順当に通過した。野口は「ボルダリングはいつも通り登れなかった。代表権がかかっているからといってやることは変わらない。ベストパフォーマンスを出す」と気合。野中は「スピードで上位を狙うのが一番。強敵がいるので、しっかりと私も自己ベストを出したい。そこで波に乗りたい。(日本人4人通過で)これ以上面白いファイナルはない」と先を見据えた。

 スピードはホールドの位置が統一され、高さ15メートルの壁を登ってタイムの速さを競う。ボルダリングは複数のコースを完登できた数で争う。リードはロープを使用し、12メートル以上の壁を競技時間内により高く登った選手の勝利となる。

 世界選手権で代表内定しなかった選手は、11月の五輪予選(フランス)、来年4月のアジア選手権で選考。有資格者が2人未満、または3人以上の場合は同5月の複合ジャパンカップで決まる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集