[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪バスケ仏代表、怪物224cm男の“理不尽プレー”に戦慄 日本とも激突「この高さは反則www」

パリ五輪の男子5人制バスケットボールは27日に開幕する。世界ランク26位の日本代表は同9位のフランスと30日に対戦。フランス代表の公式Xは練習動画を公開し、昨季の米プロバスケットボール(NBA)で新人王に輝いた身長224センチの20歳ビクター・ウェンバンヤマの驚愕プレーに注目が集まっている。

バスケットボールフランス代表のビクター・ウェンバンヤマ【写真:Getty Images】
バスケットボールフランス代表のビクター・ウェンバンヤマ【写真:Getty Images】

NBA新人王ウェンバンヤマの“理不尽”ブロック

 パリ五輪の男子5人制バスケットボールは27日に開幕する。世界ランク26位の日本代表は同9位のフランスと30日に対戦。フランス代表の公式Xは練習動画を公開し、昨季の米プロバスケットボール(NBA)で新人王に輝いた身長224センチの20歳ビクター・ウェンバンヤマの驚愕プレーに注目が集まっている。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 練習でディフェンスを務めたウェンバンヤマは、一度はドリブルでかわされ体勢を崩したものの、後追いのジャンプで相手の放ったシュートに空中で追いつきブロック。フランス代表公式Xが「本当の質問、これはゴールテンディングでしょうか?」という文言と共に公開した動画には、対戦相手からすれば理不尽ともいえる圧倒的な高さと身体能力でゴール前を制圧する「怪物」の姿が映し出されていた。

「ゴールテンディング」とは、シュートされたボールが最高到達点から落ち始めた後に、ボールがリングよりも高い位置にある間にプレイヤーがボールに触れる反則のこと。動画では、際どい差で当てはまっているように見えるが、そもそも一度かわされた後に、空中でシュートに追いつく事自体が異例のことだ。

 海外ファンからは「FIBAのゴールテンディングのルールを変えてしまうかもしれない」「ゴールテンディングルールなしでこの男からどうやって得点するんだ?」「これは現実なのか」「この男はばかげてる」など、驚愕するコメントが集まった。

 パリ五輪日本代表メンバー中で一番低い167センチの富樫勇樹とウェンバンヤマの身長差はなんと57センチ。対戦相手の異次元の高さを改めて感じた日本人ファンからは「この高さは反則なのよww」「なんでその体勢からそれに届くんだよ…!」「ゴールテンディング気味ですが、それでもリカバー出来ちゃうのか」などの声が、SNS上であがっていた。

 昨夏のワールドカップ(W杯)で歴史的な3勝を挙げ、48年ぶりに自力で五輪出場を決めた日本代表。パリ五輪では前回大会銀のフランス、昨夏のW杯を制したドイツ、そしてブラジルと同じグループBに入った。グループフェーズは同組内で総当たり戦を行い、各グループの1、2位と、3位のうち上位2チームが準々決勝に進出する。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集