[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バレー古賀紗理那がパリ五輪で現役引退 大会前に電撃発表「バレー人生の全てを懸けて戦います」 28歳で決断

バレーボール女子日本代表主将の古賀紗理那が9日、自身のインスタグラムでパリ五輪を最後に現役を引退すると発表した。ぬくもりのある手書きのメッセージを掲載。「全ての経験と出会いが今の私を作ってくれました。本当に感謝しています」などと感謝の想いを記した。

バレーボール女子日本代表主将の古賀紗理那【写真:VNL提供】
バレーボール女子日本代表主将の古賀紗理那【写真:VNL提供】

SNSで発表

 バレーボール女子日本代表主将の古賀紗理那が9日、自身のインスタグラムでパリ五輪を最後に現役を引退すると発表した。ぬくもりのある手書きのメッセージを掲載。「全ての経験と出会いが今の私を作ってくれました。本当に感謝しています」などと感謝の想いを記した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 古賀は自身のインスタグラムに「いつも応援してくださるファンの皆様、関係者の皆様にご報告です」との文面とともに、メッセージ画像を掲載。「パリオリンピック2024をもちまして、現役を引退することにしました」と記した。

「小学2年生からバレーボールを始め、“もっとバレーボールが上手くなりたい!”の一心で皆様の力を借りながら28才まで続けることが出来ました。全ての経験と出会いが今の私を作ってくれました。本当に感謝しています」と感謝もつづった。

「パリオリンピック後に引退会見を予定しています」とも明かし、「パリオリンピックにバレーボール人生の全てを懸けて戦います。最後まで応援宜しくお願いします」と呼びかけた。

■古賀紗理那(こが・さりな)

 1996年5月21日生まれの28歳。小学2年生でバレーボールを始め、熊本信愛女学院高では春高バレーなどで活躍。2013年に日本代表デビューを果たし、15年ワールドカップ、16年リオ五輪予選等に出場。リオ五輪本戦には出場できなかったが、その後も日本女子を牽引してきた。21年東京五輪にも出場。今年のネーションズリーグでは主将として初の銀メダル獲得に貢献した。夫は男子バレー日本代表の西田有志。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集