[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野球用語「チンミュージック」「ミートボール」の意味は 里崎智也も「解説で使おう」納得の米フレーズ

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、今シーズンのメジャーリーグベースボール(MLB)の日本人選手の活躍や試合の見どころをまとめた情報番組「MLB's ON FLEEK」#12を5日正午に放送。「ABEMA」野球公式YouTubeでも公開した。

「MLB's ON FLEEK」に里崎智也氏が初登場【(C)AbemaTV,Inc.】
「MLB's ON FLEEK」に里崎智也氏が初登場【(C)AbemaTV,Inc.】

ABEMAの情報番組「MLB's ON FLEEK」放送

 新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、今シーズンのメジャーリーグベースボール(MLB)の日本人選手の活躍や試合の見どころをまとめた情報番組「MLB’s ON FLEEK」#12を5日正午に放送。「ABEMA」野球公式YouTubeでも公開した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 解説者の里崎智也氏が初登場。番組では、アメリカで使われている野球用語をクイズで出題し、天の声を務めるMLBジャーナリストのAKI猪瀬氏が解説した。

「comebacker(カムバッカー/答:ピッチャーゴロ)」や「batter’s eye(バッターズアイ/答:バックスクリーン)」、「mopper(モッパー/答:敗戦処理投手)」など、日本では聞き慣れない野球用語が続々登場し、MCのお笑いコンビ・さや香と里崎氏は困惑。

「bang-bang play(バンバンプレー)」の意味を問われると、さや香の新山は「乱闘に楽しそうな“bang-bang”とか付ける?」と首を傾げ、石井は「逆に乱闘をポップな言い方するんじゃない?」と正反対に予想。答えは、2人が思いつきもしなかった「クロスプレー」のことだった。AKI猪瀬氏は「“bang”はスリルを意味するスラング。スリルに飛ぶような、アウトかセーフか分からないプレーということ」と解説した。

 続けて出題された「meatball(ミートボール)」では、新山は「チームで一番太った選手」、石井は「自打球」と回答。里崎氏は「失投、甘い球」と答えると、新山は「あー!(肉の)ミートボールは甘いからや!」と合点がいった様子。このリアクションに、里崎さんは「失投によって、ミートしやすいってこと」と冷静に伝えると、新山は「あっ、すみません。僕だけ変なことを言って…」と即座に頭を下げ、笑いを誘った。

 里崎氏の予想通り、正解は「ど真ん中のボール」。AKI猪瀬氏は「ど真ん中の球は打者の好物のため、みんなが好きな食べ物のミートボールとかけた」と説明。里崎氏は「今度から解説で使おう。『いや、今のミートボールでしたよね』って」とニヤリと笑った。

 さらに、3人の頭を悩ませる難問が登場。「chin music(チンミュージック)」という聞き慣れない単語が飛び出すと、「試合前に流している男性アーティストの曲」「守護神の登場曲」など音楽をイメージした回答が続く。正解は「インハイ(打者から見て内角高めゾーン)」のことで、AKI猪瀬氏は「chinはアゴのことで、打者のアゴの近くに投球すると、驚いて打者の鼓動が早くなるから。『お前のアゴに音楽を聴かせてやるよ』という意味です」と解説。これに、新山は「さすがに表現がアメリカすぎる!」とツッコミを入れた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集