[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ日本の足元に隠された代表落選組の魂 36歳吉田亜沙美「全てのメンバーと五輪金メダルに」

世界ランク9位のバスケットボール女子日本代表は6日、東京・有明アリーナで同26位ニュージーランドとの国際強化試合に92-50で勝利した。125-57だった4日に続く連勝。パリ五輪に向けた国内最後の試合を終え、欧州遠征に向かう。最年長36歳の吉田亜沙美は、代表落選した選手らへの想いをシューズに込めた。

バスケットボール女子日本代表の吉田亜沙美【写真:Getty Images】
バスケットボール女子日本代表の吉田亜沙美【写真:Getty Images】

三井不動産カップ(東京大会)

 世界ランク9位のバスケットボール女子日本代表は6日、東京・有明アリーナで同26位ニュージーランドとの国際強化試合に92-50で勝利した。125-57だった4日に続く連勝。パリ五輪に向けた国内最後の試合を終え、欧州遠征に向かう。最年長36歳の吉田亜沙美は、代表落選した選手らへの想いをシューズに込めた。

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 強い覚悟を足元に記した。吉田のバッシュのサイド部分。左足には「#4」など5人分、右足にも同様に5人分ある。代表入りできなかった選手の背番号だ。「テミ」「ウチェ」の名前も。「全てのメンバーとともに金メダルに向かっていく」。そんな魂を込め、ペンを走らせた。

 日本は2月の最終予選(OQT)でパリ五輪出場を決め、5月6日から第1次強化合宿を開始。候補選手は23人だった。さらにサポート選手として、国内のWリーグで活躍するジョシュア・ンフォンノボン・テミトペとイゾジェ・ウチェが参加。最終的に12人に絞られ、吉田は「代表合宿の一番最初のメンバーが今大会のメンバー。テミとウチェもシーズンオフにもかかわらず、全力で私たちの練習相手になってくれた」と感謝した。

 試合は第1クォーター残り2分17秒から途中出場。馬瓜エブリンへのノールックロングパスで得点を演出するなど、10分で3アシスト1リバウンドを記録。ベンチでも大きな声を出し続けた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集